Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

システム設定  

Windows10のバージョンやビルドを確認する方法

投稿日:

かつての Windows は数年ごとに新しい Windows が発売され、その度に最終的には新しい Windows を買う必要がありました。しかし Windows10 以降は新しい Windows は発売されず、ずっと10のままという方針です。

Windows10 の次は発売されませんが、Windows10 にはバージョンやビルドという概念があります。毎年2回 Windows10 の無料大型アップデートが行われ、どんどん新しくなっていっているのです。

今後 Windows 自体にお金はかからなくなりましたが、アップデートしないと古いバージョンはサポート終了してしまうという落とし穴もあります。

ここでは、Windows10 のバージョンやビルドの確認方法について紹介します。

Windows10のバージョンを確認する

設定から確認する

browser1

まず、スタートメニューから設定を開きましょう。

Windows の設定の中からシステムを選択します。

左メニューよりバージョン情報を選択し、右側の Windows の仕様という項目の中から現在の Windows10 のバージョンを確認できます。上図では「1809」となっており、2018年秋に行われた大型アップデートが適用されているとわかります。

同時にここでビルド番号もわかります。

バージョンは大きなアップデートで更新される番号で、ビルドは細かなアップデートで更新される番号というイメージです。

コマンドで確認する

まずは、キーボードの Win キー と R キーを押してください。

ファイル名を指定して実行のウィンドウが開くので名前欄に「winver」と入力します。そして OK ボタンを押しましょう。

Windows のバージョン情報ウィンドウが開き、ここでもバージョンとビルドを確認する事ができます。

スタートメニューから確認する

スタートボタンを押して、アプリ一覧から「Windowsシステムツール」フォルダを開いて Windows 管理ツールを選択します。

管理ツールフォルダが開くので、システム情報を開きます。

ここでも確認できます。

これまでのバージョン

  • Windows10(発売時):バージョン1507
  • Windows10 November Update:バージョン1511
  • Windows 10 Anniversary Update:バージョン1607
  • Windows 10 Creators Update:バージョン1703
  • Windows 10 Fall Creators Update:バージョン1709
  • Windows 10 April 2018 Update:バージョン1803
  • Windows 10 October 2018 Update:バージョン1809

サポートが切れるタイミング

Windows10 からは新しい Windows は買わなくても良いのですが、アップデートせず古いバージョンを使い続けているとそのうちサポートが切れてしまいます。でも1年半程度は猶予があります。

確かに大型アップデート直後は不具合も起きやすいですから、しばらくアップデートを保留するのも良いでしょう。しかし、永遠に保留するわけにもいきません。

サポート終了日

  • Windows10(発売時):2017年5月9日
  • Windows10 November Update:2017年10月10日
  • Windows 10 Anniversary Update:2018年4月10日
  • Windows 10 Creators Update:2018年10月09日
  • Windows 10 Fall Creators Update:2019年4月09日
  • Windows 10 April 2018 Update:2019年11月12日
  • Windows 10 October 2018 Update:2020年4月14日

既にサポートが切れてしまっているバージョンもあります。古いバージョンを使っている場合は早急にアップデートした方が良いでしょう。

目次

スポンサーリンク

336

336

関連トピックス

関連トピックス






-システム設定

Copyright© Win10ラボ | Windows10の使い方と情報サイト , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.