Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

システム設定  

Windows10でライセンス認証されているか確認する方法

投稿日:

ライセンス認証

Windows10 でもライセンス認証を行わないと新規インストールから30日が経過すると使えなくなります。その後はライセンス認証をしない限り Windows10 を使うことはできません。自分のパソコンならライセンス認証を行って使用していると思いますが、他人のパソコンならライセンス認証をしているかどうかわかりません。また、パソコンのパーツを組み替えたり買い替えたりするとライセンス認証が無効になってしまう場合があります。

ライセンス認証されているか確認する方法は以下のように行います。

browser1

まず、スタートメニューから設定を開きましょう。

defender1

設定を開いたら「更新とセキュリティ」を選びます。

activations

左メニューよりライセンス認証を選択すると、右側にライセンス認証の有無が確認できるようになっています。

パーツの買い替えでライセンス認証が無効になったら

パソコンパーツの買い替えでライセンス認証が無効になる場合がありますが、Windows10 を買い換える必要はありません。その場合はマイクロソフトのサポートセンターへ電話してライセンス認証を行います。以下のマイクロソフトサポートページに詳細が記載されています。

ライセンス認証

目次

スポンサーリンク

336

336

関連トピックス

関連トピックス






-システム設定

Copyright© Win10ラボ | Windows10の使い方と情報サイト , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.