Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

システム設定  

Windows10でハードディスクの空き容量を確認する方法

スポンサーリンク

更新日:

何かソフトウェアをインストールする時、ハードディスク容量が足らないと困ります。そんな時に自分のパソコンのハードディスクの空き容量を確認する方法です。

ハードディスクの空き容量を確認する方法

browser1

まずは、スタートメニュから「設定」を開きましょう。

設定画面を開いたら「システム」をクリックします。

左側のメニューより「ストレージ」を選ぶと、パソコンに搭載されているハードディスク容量を確認できます。青いラインは使用領域で、グレーの部分が空き領域となります。

また、何が容量を逼迫しているのか分野別にわかるようになっています。

Cドライブ以外のハードディスクの空き容量を調べる

同じ画面でその他のストレージ設定の項目から「他のドライブの記憶域利用状況を表示する」のリンクをクリックします。

ここで C ドライブ以外のハードディスクの空き容量を確認する事ができます。

また、各ドライブを選択する事で何に容量が使われているのか分野別にわかります。

一時ファイルを削除する

一時ファイルを削除する事で、急場しのぎに空き容量を確保する事ができます。

使用容量の詳細で一時ファイルがありますが、10GB以上使用していることがわかります。一時ファイルを選択すると更に詳細が表示されます。

消したいものにチェックを入れてファイルの削除ボタンを押すと、一時ファイルを削除できます。

※ダウンロードはあなたがダウンロードしたファイルが収められているフォルダーです。大事なものを削除しないように注意してください。

一時ファイルには以下のものがあります。

  • ごみ箱
  • ダウンロード
  • 縮小表示
  • 配信の最適化ファイル
  • 一時Windowsインストールファイル
  • インターネット一時ファイル
  • 一時ファイル
  • Windows アップグレードログファイル
  • DirectXシェーダーキャッシュ

目次

スポンサーリンク

336

336




関連トピックス



-システム設定

Copyright© Win10ラボ | Windows10の使い方と情報サイト , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.