Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

システム設定  

Windows10でファイルの拡張子を表示させる方法

投稿日:

Windows で扱うファイルは多数あります。文章ファイルだったり、画像ファイルだったり、音声ファイルだったり。そのファイルが何のファイルなのか判別する為のものが「拡張子」と呼ばれるものです。それは、ファイル名の後ろに付く「.jpg」「.doc」「.mp3」といったものです。

市販のパソコンに搭載されているほとんどの Windows は拡張子の表示がオフになっています。表示しているとややこしいというような理由かもしれませんが、表示されていないと危険が及ぶ事があります。

拡張子が表示されていないと、それが何のファイルなのかわかりません。よく使う jpg などであればアイコン画像で判別できるかもしれませんが、たまにしか使わないものであれば判別することが困難です。メールなど何らかの手段によってウイルスファイルが送られてきて、拡張子が表示されていないとそれを開いてしまうかもしれません。

やはり拡張子は表示させておいた方が安全です。

Windows10でファイルの拡張子を表示する

Windows10 でのファイルの拡張子を表示する方法は、従来の Windows7 よりも簡単になりました。

kakutyousi2

フォルダの中にファイルがありますが、拡張子がないので何のファイルかわかりません。(例に出したものがポピュラーなファイル形式なのでアイコンでわかってしまいますが、ウイルスなどはアイコンを偽装してくる可能性もあります。)

まずは、上部メニューの「表示」タブをクリックします。

kakutyousi3

表示タブをクリックしたら、右側にある「ファイル名拡張子」のチェックボックスをオンにします。これだけでファイルに拡張子が付くようになります。

簡単ですね。

目次

スポンサーリンク

336

336

関連トピックス

関連トピックス






-システム設定

Copyright© Win10ラボ | Windows10の使い方と情報サイト , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.