Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

システム設定  

Windows10でデバイスマネージャーの開き方、ショートカットを作る方法

スポンサーリンク

更新日:

デバイスマネージャーとは、パソコンに接続されているデバイスが正常に動作しているか確認する為や、デバイスドライバの更新、ハードウェアの設定の更新をする時などに使います。

そのデバイスマネージャーは Windows10 にも存在しています。Windows10でデバイスマネージャーを開く方法は3通りあります。

動画で見る

デバイスマネージャーを開く方法

コントロールパネルから開く

コントロールパネルからデバイスマネージャーを開く事ができます。

タスクバーの検索窓、もしくは虫眼鏡アイコンからコントロールパネルを検索しましょう。

device2

従来の Windows と同様にコントロールパネルにデバイスマネージャーがあります。

Windows10でコントロールパネルを開くその他の方法については下記を御覧ください。

コントロールパネル
【2020年版】Windows10のコントロールパネルの開き方とショートカットを作る方法

Windows10 以前の常識で設定と言えばコントロールパネルでしたよね。しかし Windows10 は「設定」というアプリに集約され、コントロールパネルの代わりとなりました。 Windows10 に ...

続きを見る

検索して開く

タスクバーにある検索バーから検索してデバイスマネージャーを開くことができます。

検索バーに「デバイスマネージャー」と入力すると候補に出てくるので、これをクリックしてデバイスマネージャーを開きます。

スタートボタンから開く

最後の方法は、左下のスタートメニュー部分から開く方法があります。ポイントは左クリックするのではなく、右クリックをします。

devicd5

スタートメニューを右クリックしてメニューの中から「デバイスマネージャー」を選択します。

デバイスマネージャーのショートカットを作る方法

コントロールパネルの中にあるデバイスマネージャーを右クリックして、メニューの中から「ショートカットの作成」を選択します。

ショートカットを「デスクトップ上に作成しますか?」と確認画面が出るので、はいを押します。

デスクトップにデバイスマネージャーのショートカットができました。

目次

スポンサーリンク




関連トピックス



-システム設定

Copyright© Win10ラボ | Windows10の使い方と情報サイト , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.