Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

カスタマイズ  

Windows10でエクスプローラーのOneDriveを削除・非表示にする方法【上級者向け】

スポンサーリンク

投稿日:

Windows10 のエクスプローラーの左側には OneDrive にいつでもアクセスできるようになっています。

OneDrive はマイクロソフトのオンラインストレージサービスで、これを使っている人なら便利ですが、使ってない人にとっては邪魔です。

いらないから消そうと思っても、普通の方法では消せません。

ここでは、エクスプローラーの左側に表示されている OneDrive を表示しないようにする方法について解説します。

※レジストリエディターを触る必要がある上級者向けカスタマイズです。やり方を間違えるとパソコンが起動しなくなるなど不具合が発生する可能性があります。自己責任の作業でお願いします。

OneDriveを非表示にする方法

まずは以下のショートカットキーを入力して「ファイル名を指定して実行」を開きます。

Win キー + R

名前のテキストボックスに「regedit」と入力して OK をクリックします。

これでレジストリエディターが開きました。これを使ってレジストリキーを1箇所修正します。

■修正するレジストリキー
コンピューター¥HKEY_CLASSES_ROOT¥CLSID¥{018D5C66-4533-4307-9B53-224DE2ED1FE6}

画面左側のフォルダーツリーをひとつずつ辿っていってもいいですが、間違った部分を修正してしまう可能性が出てしまいます。

なので、赤矢印部分に上記の修正するレジストリキーをコピペしてください。すると一発で該当箇所へ移動できます。

万が一不具合が出た時の為に、レジストリキーをバックアップしておきましょう。

左側のフォルダーツリーで薄い青で強調されている該当部分を右クリックして、メニューの中から「エクスポート」を選択します。

名前を付けてファイルを保存してください。

ここで「System.IsPinnedToNameSpaceTree」の値を修正します。この部分を右クリックして、メニューの中から修正を選択します。

値のデータを「1」から「0」に変更し OK ボタンを押します。

これでエクスプローラーの左メニューから OneDrive が表示されなくなりました。

もしまだ表示されているようなら、新しいエクスプローラーを起動してみてください。

レジストリを元に戻す方法

レジストリキーをエクスポートしてバックアップを取った reg ファイルを開くと、削除したレジストリキーが復元されます。

関連記事

エクスプローラーの 3D オブジェクトを非表示にする方法。

Windows10でエクスプローラーの3Dオブジェクトを削除・非表示にする方法【上級者向け】

Windows10 ではエクスプローラーの左メニューに 3D オブジェクトというフォルダーが表示されるようになりました。Windows10 ではペイント3D というアプリもあって 3D を扱えるように ...

続きを見る

目次

スポンサーリンク




関連トピックス



-カスタマイズ

Copyright© Win10ラボ | Windows10の使い方と情報サイト , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.