Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

標準アプリ  

Windows10でOneDriveを使わないなら自動起動を無効に設定しよう

スポンサーリンク

投稿日:

OneDrive とはマイクロソフト製のクラウドストレージサービスです。Google Drive と似たようなものです。Windows10 もマイクロソフトが開発していますから OneDrive と強力に連携できるようになっています。

OneDrive を常用しているなら良いですが、使わない人にとっては余計なものです。Windows10 では標準で OneDrive が有効になっており、パソコン起動時に自動的に立ち上がるようになっています。その結果パソコンの起動スピードにも影響しリソースを消費しています。

OneDrive を使わないなら自動起動を無効に設定すれば、多少 Windows10 も高速化するかもしれません。

OneDriveを無効にする

まずはタスクバーの右側にある通知領域の「^」を押しましょう。

OneDrive が起動しているなら上図のように雲アイコンの OneDrive があります。これをクリックします。

OneDrive メニューが開くので、その他ボタンを押します。

更にメニューが表示されるので、設定を開きます。

設定タプを開き、全般の項目から「Windows にサインインした時に OneDrive を自動的に開始する」のチェックマークをオフにします。そして OK ボタンを押しましょう。

これで次回 Windows10 を起動した時には、自動的に OneDrive が立ち上がらなくなります。

OneDriveをアンインストールする

OneDrive 自体を削除する事もできます。

browser1

まず、スタートメニューから設定を開きましょう。

Windows の設定からアプリを選択します。

アプリと機能の一覧から Microsoft OneDrive を探して選択し、アンインストールボタンを押します。再度確認が行われ、アンインストールが始まります。

目次

スポンサーリンク

336

336




関連トピックス



-標準アプリ

Copyright© Win10ラボ | Windows10の使い方と情報サイト , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.