Win10ラボ | Windows10の使い方と情報サイト

Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

*

Windows10でメモリ診断を実行してエラーチェックを行う方法

   

memorytest3

Windows パソコンを長年使っていると何かしら不具合が出てくるものです。それはハードディスクやメモリの経年劣化による場合もあり、パソコンが遅くなったりブルースクリーンが発生したりする事もあります。

そのパソコンが遅くなったりブルースクリーンが発生する原因は多岐に渡りますが、もしそんな時はまずメモリ診断を行ってメモリにエラーがないか確認してみましょう。

メモリ診断を行う方法

メモリ診断ツールを別途用意しなくても Windows 標準のツールがあります。

memorytest2

まずはスタートメニューからすべてのアプリの中の「Windows管理ツール」→「Windows メモリ診断」を開きます。

memorytest

このようなウィンドウが出現します。「今すぐ再起動して問題の有無を確認する」をクリックします。するとメモリ診断を開始するためにパソコンが再起動します。

メモリ診断

パソコンが再び立ち上がると、心臓に悪い青い画面が表示されます。安心してください。これがメモリ診断の画面です。

メモリ診断が始まり数分から10分ほど待ちます。

メモリ診断結果

パソコンが立ち上がってデスクトップ画面が表示されると、画面右下にメモリ診断の結果がトーストで表示されます。ただ、メモリ診断の結果はパソコンが立ち上がってすぐに表示されるものではありません。完全に立ち上がってから数分後に出現します。結果が出ないから再び再起動とかせずに焦らず待ちましょう。

 - トラブル

スポンサーリンク

336

336

Comment

  1. 橘 健次 より:

    繰り返しテストが始まり、
    終了しません
    強制終了する方法はありませんか。
    よろしくお願いします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  おすすめトピックス

  関連記事

イベントビューア
Windows10でシステムログをイベントビューアーで確認

イベントビューアーとは、Windows の動作ログやエラーログをわかりやすく表示 …

Windows10で画面が上下逆さま反対になってしまった場合の対処法

もしあなたのパソコンのディスプレイが上下逆さまになってしまったら驚くのではないで …

Windows10のExcelで矢印キーで操作すると勝手にスクロールしてしまう原因

Excel は矢印キーでセルの移動ができますが、ある条件を満たすとセルの移動と同 …

Windows10で付箋が消えた場合の対処法「Sticky Notes」

ディスプレイ上にメモを書いて付箋として残せる Windows 標準のアプリを使っ …

Windows10でタスクバーにアプリアイコンが表示されない場合の対処法

Windows7 からおなじみとなったタスクバーからのショートカットアイコンです …

リカバリー
Windows10を購入時の状態へ初期化、リカバリーする方法

パソコンは使い方によっては思わぬトラブルに見舞われる事があります。ハードウェアや …

Windows10のCreators Update後に画像が開けない場合の対処法

2017年4月から順次、Windows10 の大型アップデート Creators …

日本語入力
Windows10でGoogle日本語入力を使用しても再起動後Microsoft IMEに戻ってしまう対処法

コンピューターにおいて文字入力を補助するソフトウェア(IME)には複数の種類があ …

Windows10でExcelのファイルがクリックで開かない時や重い時の対処法

Windows10 で Excel ファイルが開かない問題が発生しました。 具体 …

Windows10でフリーズしてタスクバーやスタートボタンが押せなくなったら

パソコンが急に止まって何の操作も受け付けなくなる…。そのような現象を古くからフリ …