Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

デバイス  

Windows10でスリープ後にUSB機器やWi-Fiが使えない時に確認する事

スポンサーリンク

投稿日:

Windows10 には電源を切る他にスリープというものがあります。電源を切ると作業中のアプリなどは全て閉じられてしまいます。しかしスリープにすると電源が切れたように見えますが、電力消費を最小限に抑えて作業状態を保持できるわけです。

翌日すぐに作業を再開したい場合に便利ですが、場合によってトラブルが発生することがあります。それは、スリープ復帰後に USB 機器や Wi-Fi が使えなくなることがあります。

スリープにすると USB 機器や Wi-Fi 受信機への給電をストップさせて電力消費を抑えます。スリープ復帰したら通常は給電を再開しますが、場合によっては給電を再開してくれないのです。

対処方法

対処方法としてはスリープにしても USB 機器の電源は落とさない設定にするという事になります。ただし、その分スリープ中の消費電力は上がってしまいます。

browser1

まず、スタートメニューから設定を開きましょう。

Windows の設定からシステムを選択します。

左メニューより電源とスリープを選択し、関連設定から電源の追加設定を開きます。

電源オプションが開くので、プラン設定の変更を開きます。現在選択中のプランを選択してください。

プラン設定の編集画面が開き、ここでは詳細な電源設定の変更を開きます。

電源オプション画面が開きます。USB 設定から USB セレクティブサスペンドの設定を変更します。この設定を無効にしましょう。

※USB セレクティブサスペンドとは一定時間使用していない USB 機器の電源を切り電力を節約する機能です。

ノートパソコンの場合は、電源接続時とバッテリー稼働時で個別の設定ができます。

無効にしたら OK ボタンを押します。その他の開いた画面も閉じて問題ありません。

これでも解決しない場合は次へお進みください。

デバイスマネージャーを確認

devicd5

スタートボタンを右クリックして、メニューの中からデバイスマネージャーを選択します。

デバイスマネージャーのユニバーサルシリアルバスコントローラーという所が USB を管理する場所です。

USB ルートハブから汎用 USB ハブまでが USB 端子に該当します。これを右クリックしてメニューからプロパティを開きます。

プロパティを開いたら画面上部の電源の管理タブを開き、「電力節約のために、コンピューターでこのデバイスの電源をオフにできるようにする」のチェックを外します。そして OK ボタンを押します。

Wi-Fi が内蔵されているパソコンの場合は、デバイスマネージャーのネットワークアダプターの中にワイヤレス LAN アダプターがあります。ここで同様の設定を行えば、スリープ時に Wi-Fi 機器の電源も落ちなくなります。

設定を完了したら、再起動してください。

目次

スポンサーリンク

336

336




関連トピックス



-デバイス

Copyright© Win10ラボ | Windows10の使い方と情報サイト , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.