Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

標準アプリ  

Windows10でボイスレコーダーを使って録音する方法

投稿日:

ボイスレコーダー

Windows10 にも IC レコーダーのように録音するアプリが標準で付属しています。マイクがパソコンに接続されていれば、このアプリを使って周囲の音や会議の議事録として音声を録音する事ができます。

また、Windows10 のボイスレコーダーはただ録音するだけではなく、便利な機能も付いていますので合わせて紹介します。

Windows10で録音する方法

voice2

画面左下のスタートボタンをクリックし、すべてのアプリから開きます。ボイスレコーダーは「ほ」の欄にあります。

voice3

これがボイスレコーダーの初期画面です。実にシンプルな画面ですね。真ん中のマイクボタンを押す事で録音がスタートします。

便利機能1:マーカーを追加

voice4

そしてこれが録音中の画面です。真ん中の「■」のボタンを押すと録音が停止します。そして左下の「||」ボタンを押すと録音が一時停止されます。

最後に旗のマークが便利機能でマーカーを追加するボタンです。長い間録音していると、どのあたりでどんな事が起こっているかわからなくなります。例えば、ここから重要な会話が始まるという時に旗ボタンを押してマーカーを追加しておくと後から便利になります。

voice5

マーカーを追加しました。マーカーはいくつでも付ける事ができます。

voice6

録音が完了したらこのような画面になります。今までに録音したファイルが左側に並び、右側で再生する事ができます。右上の方には先ほど追加したマーカーがありますが、マーカーをクリックするとマーカーを追加した秒数から再生する事ができます。

録音ファイルから重要な所を最初から再生して探す必要はなくなるわけです。

また、再生中にも旗ボタンを押す事でマーカーを追加する事ができます。マーカーを削除するにはマーカーを右クリックして「削除」を選択します。

便利機能2:トリム

Windows10 のボイスレコーダーはただ録音するわけではなく簡単な編集機能もあります。それがトリムです。音声を切り抜いて短くする事ができます。

voice7

トリムをするには上図の赤丸部分のボタンを押します。

voice8

黒い丸のスライダーを左右に動かして切り抜きたい部分を指定します。前後の不要な部分をカットする事ができます。

voice9

切り抜きたい部分を設定したら、チェックマークをクリックします。「オリジナルを更新」を選択すると、現在再生中のファイルがそのまま上書きされます。コピーを保存を選択すると元のファイルを残して新たに編集したファイルが別に保存されます。

録音ファイルの名前を変更する方法

voice10

ファイル名は自動的に「レコーディング」という名前が付きますが、ファイル名は自由に変更することができます。画面右下の鉛筆ボタンを押してファイル名を編集します。名前を変えたら「名前の変更」ボタンを押しましょう。

録音ファイルはどこにある?

voice11

録音しても録音した音声ファイルがどこにあるかわからなければ、別のパソコンに移す事もできません。

録音したファイルの場所を開くには、画面右下の「…」ボタンを押して「ファイルの場所を開く」を選択します。すると録音ファイルが格納されたフォルダが開きます。

目次

スポンサーリンク

336

336

関連トピックス

関連トピックス






-標準アプリ

Copyright© Win10ラボ | Windows10の使い方と情報サイト , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.