Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

標準アプリ  

Windows10でODTファイルが開けない時に開く方法

スポンサーリンク

投稿日:

メールなどで相手から見慣れない odt ファイルが送られてきて「開けない!」とお悩みになる事もあるかもしれません。でも Windows10 で開く方法はあります。

odt とは OpenDocument 形式のワープロソフトファイルで、オープンオフィスなど無料ワープロソフトで使われているファイル形式です。世界的に使われているファイルフォーマットで、怪しいファイル形式ではありません。

odtファイルを開く方法

マイクロソフトの Office Word2007 SP2 以降をお持ちであれば、Word で開くのが一番簡単です。しかし Word を持っていない方もいらっしゃるでしょう。でもまだ開く方法はあります。

標準アプリのワードパッドで開けます。ワードパッドとはメモ帳より高機能、Word よりは低機能なワープロソフトです。Windows10 に標準で搭載しています。編集は難しいですが読むだけならできるでしょう。

スタートボタンを押してアプリ一覧の中からワードパッドを開きます。Windows アクセサリフォルダーの中にあります。

ワードパッドが開きました。見た目は Office のワードと変わりませんが、画面上部のタブやボタンが少なく機能は少ないです。ファイルメニューから odt ファイルを開くかドラッグアンドドロップしてみましょう。

ワードパッドで odt ファイルを開くことができました。編集はできませんが、読むだけならできます。

おわりに

メールやメモリから見慣れない odt ファイルを渡されてしまったら、開くためにはワードパッドをお試し下さい。

目次

スポンサーリンク




関連トピックス



-標準アプリ
-

Copyright© Win10ラボ | Windows10の使い方と情報サイト , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.