Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

スタートメニュー  

Windows10でスタートメニューに天気予報表示するには?表示されない場合

更新日:

Windows10 ではスタートメニューに天気予報を表示させる事が可能です。スタートメニューはスタートボタンを押すと表示されるメニューで、たくさんの四角いタイルが表示されているかと思います。

スタートメニューに天気予報を表示させておけば、ふと明日の天気が気になった時にわざわざ調べなくても済むので便利になります。

スタートメニューに天気アプリがない場合

スタートメニューに天気予報を表示させるには、天気アプリをスタートメニューにピン留めしておく必要があります。標準でスタートメニューに天気アプリがある場合が多いですが、パソコンによってはない場合もあるでしょう。

まずはスタートメニューから天気アプリを探してください。アプリ一覧の「た」カテゴリに分類されています。

スタートメニューの天気アプリの上で右クリックし、メニューの中から「スタートにピン留めする」を選択してください。これでスタートメニューに天気アプリが表示される筈です。

そもそもパソコン内に天気アプリがない場合

天気アプリはだいたい標準で Windows10 にインストールされている事が多いですが、そもそも見つからない場合は間違えて消してしまったかインストールされていない事が考えられます。その場合は、ストアアプリより再インストールしましょう。

マイクロソフトストア

マイクロソフトストアへは、タスクバーの紙袋のアイコンからアクセスできます。

ストアアプリを開いたら右上の検索窓に「MSN天気」と入力して検索してください。

MSN天気というアプリが見つかったら、「Get」や「入手」という青いボタンをクリックしてダウンロードを初めてください。自動でインストールも始まります。

スタートメニューに天気アプリはあるけど天気予報は表示されない場合

スタートメニューに天気アプリはあるけど天気予報は表示されない場合というのは上図のような状態です。天気マークのタイルアイコンはあるけど天気予報は表示されていません。

その場合は天気アプリのタイルを右クリックして、メニューの中からその他、ライブタイルをオンにするを選択します。

するとインタラクティブに動いて天気予報が表示されました。

天気予報が小さいという場合はサイズを変更する事もできます。「横長」や「大」にしてみましょう。

より詳しく天気予報が表示されます。

これでも天気予報が表示されない場合は以下の方法もお試しください。

違う街の天気予報を複数表示したい場合

天気予報は一つだけではなく複数表示させる事ができます。例えば自宅、職場がある住所の2パターンなど。

まずは天気アプリを起動し、画面右上の検索窓より天気予報を表示したい都市名を検索します。

目的の街の天気情報が表示されたら、画面上のピンマークをクリックします。

「このタイルをスタートにピン留めしますか?」という確認が出るのではいをクリックします。

このように複数の街の天気予報を表示させる事が可能です。

目次

スポンサーリンク

336

336

関連トピックス

関連トピックス






-スタートメニュー
-

Copyright© Win10ラボ | Windows10の使い方と情報サイト , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.