Win10ラボ | Windows10の使い方と情報サイト

Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

*

Windows10でマウスでドラッグした部分だけスクリーンショットを撮る方法「Snipping Tool」

   

ディスプレイに表示されている画面を画像に保存するスクリーンショットですが、通常は画面全体か表示されているウィンドウの一つだけしか撮る事ができません。

キーボードの PrintScreen キーを押すと画面全体の画像をクリップボードにコピーします。また、Alt キーを押しながら PrintScreen キーを押すと選択中のウィンドウの画像をクリップボードにコピーします。それからペイントなどの画像編集ソフトで貼り付けて画像に書き出します。

しかし、マウスでドラッグした部分のみのスクリーンショットを撮るという事はできません。でも、あるアプリを使う事によって可能になります。そのアプリは何と Windows10 標準で付属されています。

ドラッグした部分をキャプチャするSnipping Tool

snipping2

スタートメニューからすべてのアプリを選びます。

snipping3

マウスでドラッグした部分のスクリーンショットを撮る事ができる「Snipping tool」は Windows アクセサリフォルダの中にあります。

snipping4

Snipping Tool を開くと、このようなシンプルなウィンドウが表示されます。

スクリーンショットを撮るにはまず新規作成をクリックしましょう。

snipping5

すると画面全体が白っぽくなり、マウスでドラッグするとその部分が通常の色になります。通常の色になった部分をスクリーンショットに撮ります。

snipping6

赤枠のボタンをクリックするとスクリーンショットを jpg 画像などに出力します。また、青枠のペンツールを使うとスクリーンショットにペンでメモ書きができます。

切り取り線を追加する

snipping7

上で撮ったスクリーンショットには切り取り線はありませんが、切り取り線を追加する方法もあります。その場合は、Snipping tool のウィンドウでオプションをクリックします。

そして、「切り取り領域をキャプチャした後、選択線を表示する」のチェックを入れます。インクの色のドロップダウンメニューから選択線の色を決めます。

snipping8

するとこのようにスクリーンショットに枠線を付ける事ができます。

 - アプリ

スポンサーリンク

336

336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  おすすめトピックス

  関連記事

Windows10で簡単に動画のwmvファイルをmp4に変換するアプリ「Converter Video Pro」

動画のファイル形式はたくさん種類があります。よく聞くもので、wmv,avi,fl …

Windows10のメールアプリで添付ファイルを付けて送信する方法

eメールを送る際に、何か一緒にファイルを添付して送りたい時もありますよね。eメー …

Windows10ストアでダウンロードしたファイルの保存場所はどこ?

Windows10 ではインターネット上でダウンロードしたフリーソフトや買ってき …

Windows10でウェブページ全体のスクリーンショットを保存できるアプリ「Screenshot」

ウェブページをまるごと全体を画像にしたいという時どうしますか?最も原始的な方法を …

Windows10でもAndroidアプリの一部ゲームがプレイできます

スマートフォン用のゲームなら iPhone 用にも Android 用にも星の数 …

Windows10でOffice(ExcelやWord)が32bitか64bitか確認する方法

Excel や Word などの Office には実は2種類あって32bit版 …

Windows10でメモ帳を複数起動する方法

Windows10 でメモ帳を複数起動する方法を紹介します。複数のテキストファイ …

Windows10のメールアプリは色を変更できます

Windows10ではパーソナル設定でテーマカラーやスタートメニュー、タスクバー …

Windows10のOneNoteでPDFを書き出す方法

OneNote とはマイクロソフトオフィス製品群の一つでメモアプリです。Wind …

Windows10でQRコードを作成するアプリ「QR Creator」

QR コードは二次元バーコードとも呼ばれ、色々な所で目にする機会もあるのではない …