Win10ラボ | Windows10の使い方と情報サイト

Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

*

Windows10でマウスでドラッグした部分だけスクリーンショットを撮る方法「Snipping Tool」

   

ディスプレイに表示されている画面を画像に保存するスクリーンショットですが、通常は画面全体か表示されているウィンドウの一つだけしか撮る事ができません。

キーボードの PrintScreen キーを押すと画面全体の画像をクリップボードにコピーします。また、Alt キーを押しながら PrintScreen キーを押すと選択中のウィンドウの画像をクリップボードにコピーします。それからペイントなどの画像編集ソフトで貼り付けて画像に書き出します。

しかし、マウスでドラッグした部分のみのスクリーンショットを撮るという事はできません。でも、あるアプリを使う事によって可能になります。そのアプリは何と Windows10 標準で付属されています。

ドラッグした部分をキャプチャするSnipping Tool

snipping2

スタートメニューからすべてのアプリを選びます。

snipping3

マウスでドラッグした部分のスクリーンショットを撮る事ができる「Snipping tool」は Windows アクセサリフォルダの中にあります。

snipping4

Snipping Tool を開くと、このようなシンプルなウィンドウが表示されます。

スクリーンショットを撮るにはまず新規作成をクリックしましょう。

snipping5

すると画面全体が白っぽくなり、マウスでドラッグするとその部分が通常の色になります。通常の色になった部分をスクリーンショットに撮ります。

snipping6

赤枠のボタンをクリックするとスクリーンショットを jpg 画像などに出力します。また、青枠のペンツールを使うとスクリーンショットにペンでメモ書きができます。

切り取り線を追加する

snipping7

上で撮ったスクリーンショットには切り取り線はありませんが、切り取り線を追加する方法もあります。その場合は、Snipping tool のウィンドウでオプションをクリックします。

そして、「切り取り領域をキャプチャした後、選択線を表示する」のチェックを入れます。インクの色のドロップダウンメニューから選択線の色を決めます。

snipping8

するとこのようにスクリーンショットに枠線を付ける事ができます。

 - アプリ

スポンサーリンク

336

336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  おすすめトピックス

  関連記事

Windows10のメールアプリで添付ファイルを付けて送信する方法

eメールを送る際に、何か一緒にファイルを添付して送りたい時もありますよね。eメー …

デスクトップに常時メモを残せる付箋アプリで備忘録作り

付箋と言えば何か大事なことを忘れないように書いて残しておくような事に使ったりしま …

Twitter
Windows10でTwitterをするには?ならアプリをインストールしてみよう

Windows10 で Twitter をやるにはどうすれば良いか?Edge な …

Windows10でrar圧縮ファイルを解凍する方法「RAR Opener」

RAR というファイルをご存知でしょうか。圧縮ファイル形式の一つで zip より …

instagram
Windows10でinstagramを使う方法

instagram と言ったらスマートフォンやタブレットだけのアプリ?いえ、そん …

Windows10で簡単に動画のwmvファイルをmp4に変換するアプリ「Converter Video Pro」

動画のファイル形式はたくさん種類があります。よく聞くもので、wmv,avi,fl …

Windows10でWaveファイルをmp3に変換(エンコード)するアプリ「Sound Converter」

Wave ファイルを mp3 ファイルに変換(エンコード)するフリーソフトはネッ …

Windows10天気アプリで表示する天気の地域を変更してみよう

Windows10 には標準で詳しい天気予報を表示してくれる天気アプリがあります …

Windows10のOneNoteでPDFを書き出す方法

OneNote とはマイクロソフトオフィス製品群の一つでメモアプリです。Wind …

Windows10で付箋が消えた場合の対処法「Sticky Notes」

ディスプレイ上にメモを書いて付箋として残せる Windows 標準のアプリを使っ …