Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

Office関係  

Windows10 - WordやExcelでスタート画面を表示しないようにする【Office2013以降】

スポンサーリンク

投稿日:

Office2010以前は Word や Excel を起動するといきなり編集画面でしたが Office2013 以降はまずスタート画面が表示されるようになりました。Office2016、Office2019も同様です。

こんな画面です。最近使ったファイルが一覧で表示され、すぐに目的のファイルが開けるようになっています。右側には新規作成にいろいろなテンプレートを選択できるようになっています。

新しい文書を作るには「白紙の文書」をクリックします。

従来のようにスタート画面は表示せずに、いきなり編集画面へ移る事も設定によっては可能です。

スタート画面を非表示にする

※Office2019 の画面で解説しますが Office2013 でも 2016 でも大体同じです。

まずはファイルメニューを開きます。

ファイルメニューからオプションを開きます。

基本設定の起動時の設定の項目で「このアプリケーションの起動時にスタート画面を表示する」のチェックマークをオフにします。そして、画面右下の OK ボタンを押しましょう。

これで次回起動時はスタート画面が表示されず、いきなり新規の編集画面からスタートします。

※Excel、Access でも表示しないようにするには、個別に同様の設定をする必要があります。

目次

スポンサーリンク




関連トピックス



-Office関係

Copyright© Win10ラボ | Windows10の使い方と情報サイト , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.