Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

Office関係  

Windows10 - WordやExcelをダークテーマにして黒くする【Office2016以降】

スポンサーリンク

投稿日:

スマートフォンの分野でバッテリー節約の観点から画面を黒くするダークモードが広がっています。それはパソコンの分野にも波及しています。

Windows10でエクスプローラーもフォルダも黒くできるダークモードは目にも優しい

Windows10 で画面を黒くできるダークモード(黒モード)は以前からありましたが、2018年秋に配信された 2018 Octobar Update からはエクスプローラー(フォルダー)も黒くできる ...

続きを見る

Windows10 も2018年秋に配信された 2018 Octobar Update から本格的にダークモードが採用されました。設定により画面を黒くできます。パソコンをダークモードにしても意味ないと思われるかもしれませんが、ダークモードにすると光量が抑えられ目の負担も減ります。

その他にも Twitter や Youtube、Adobe ソフトまでダークモード(ダークテーマ)の設定が可能になり、ウェブサイトにもダークモードが波及していく可能性も考えられます。

Office2016以降ですが、Office ソフトでもダークモード(ダークテーマ)の設定で画面を黒くする事が可能になりました。

WordやExcelをダークテーマにする

Office2013 以降はカラフルな配色になっています。(Excel は緑、Word は青、Powerpoint は赤)

まずは画面左上のファイルメニューを開きます。

画面下部のオプションを選択しましょう。

基本設定から Microsoft Office のユーザー設定の Office テーマから 3種ないし4種からテーマを選択できます。

  • カラフル:標準のテーマ
  • 濃い灰色:グレー基調のテーマ
  • 黒:ダークテーマ(Office2019、Office365)
  • 白:Office2010以前の白基調のテーマ

完全なダークテーマは Office2019 と Office365 のみです。テーマを変更したら画面右下の OK ボタンを押します。

Excel 2019 にダークテーマを採用してみました。でもセル部分は白いままです。

Word2019 をダークテーマにするとこうなります。

Power Point2019はこんな感じです。

※Office2019のテーマ設定は Office 全体に適用されます。

アカウントから設定

ファイルメニューのアカウントからも Office テーマの設定ができます。

目次

スポンサーリンク




関連トピックス



-Office関係

Copyright© Win10ラボ | Windows10の使い方と情報サイト , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.