Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

ハードウェア  

Windows10でマウスを接続したらタッチパッドを無効にする方法

更新日:

ノートパソコンには多くの場合マウスの代わりにタッチパッドが内蔵されています。指でマウスポインタを動かしたりスマホのようにタップして選択したりしますが、タッチパッドの扱いが苦手な人もいるでしょう。そういう場合は USB や Bluetooth でノートパソコンにもマウスを接続する事ができます。

マウスを接続したら操作は楽になりますが、今度は問題になるのがタッチパッドです。キーボードで文字を入力している時に手が当たり、タッチパッドが干渉してマウスポインタが操作されてしまう場合があります。

これがストレスの素になります。

マウスを接続したらタッチパッドをオフにする

そんな時はマウスをノートパソコンに接続したらタッチパッドを自動でオフにしてくれる設定があります。その設定を行ってみましょう。

browser1

まず、スタートメニューから設定を開きましょう。

Windows の設定の中からデバイスを選択します。

左メニューよりタッチパッドを選択します。「マウスの接続時にタッチパッドをオフにしない」のチェックボックスをオフにすると、マウスを接続するとタッチパッドをオフにしてくれます。

※タッチパッドが内蔵されていないパソコンには存在しない設定です。

またチェックボックスの上にあるタッチパッドのスイッチをオフにすると、マウスの接続に関わらずタッチパッドをオフにします。

関連記事

タッチパッドじゃなくて、ディスプレイのタッチパネルを無効にしたい場合はこちら。

Windows10でタッチパネルを無効にする方法

近年 Windows10 搭載端末でもスマートフォンのようにタッチパネルに対応しているものも発売されています。タブレットとノートパソコンの機能を併せ持った 2in1 と呼ばれるパソコンです。キーボード ...

続きを見る

目次

スポンサーリンク

336

336

関連トピックス

関連トピックス






-ハードウェア

Copyright© Win10ラボ | Windows10の使い方と情報サイト , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.