Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

Office関係  

Windows10 - ExcelでVBAでプログラミングする為に開発タブを表示する方法

スポンサーリンク

投稿日:

Excel というとプライベートでも業務でもよく使われるものだと思います。Excel は表を作ったり家計簿を作ったりできる表計算ソフトでありますが Excel の力はそれだけではありません。

Excel にはマイクロソフト社が提供するプログラミング言語「Visual Basic for Applications(VBA)」が搭載されています。VBA を使えばただの表計算ソフトではなく、業務を短縮してくれるようなアプリケーションを作る事ができるのです。

しかし、一般的な Excel を使う人はプログラミングやマクロに手を出す人は少ないので、通常は VBA 開発メニューは隠されています。

Excel で VBA 開発を始めるには、開発タブを表示する必要があります。

ここでは Excel の開発タブを表示する方法について解説します。

開発タブを表示する方法

まずは Excel の画面でファイルメニューを開きます。

下の方にあるオプションを選択します。

左メニューより「リボンのユーザー設定」を選択します。画面右側のメインタブの設定で、開発のチェックボックスをオンにします。そして、画面右下の OK ボタンを押します。

すると画面上部のリボンに隠されていた開発タブが表示されます。一番左の Visual Basic ボタンを押すことで VBA プログラミングを始める事ができます。

目次

スポンサーリンク




関連トピックス



-Office関係
-

Copyright© Win10ラボ , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.