Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

Office関係  

Windows10のWordやExcelで作成者や会社など個人情報を削除する方法

投稿日:

Microsoft Office 製品である Word や Excel で書類を作成すると、実は意図せず作成者名や会社名が記録されます。インターネット上から Word や Excel ファイルの書類を直接公開している所からダウンロードすると、作成者名や会社名がそのまま残っている事もしばしばあります。それだけ個人情報が残っていることに気づかない人も多いのです。

Word や Excel に記録される作成者名や個人情報などを削除する方法を解説します。

作成者名を消す方法

まずは Word や Excel ファイルを右クリックしてメニューの中からプロパティを開きます。

画面上部より詳細タブを開き、「プロパティや個人情報を削除」をクリックします。

「このファイルから次のプロパティを削除」のラジオボタンをオンにして、削除したい情報にチェックマークを付けます。そして OK ボタンを押しましょう。

するとプロパティから作成者名が消えた事が確認できます。

作成者名を残さず保存する

Word や Excel で作成者名を残さないように保存する事ができます。

新しくファイルを保存する時、名前を付けて保存の画面でよく見ると画面下部に作成者があります。Windows のユーザー名が入ってきます。

この作成者欄はマウスポインタで選択すると編集できるようになります。

BackSpace キーで作成者名を削除できます。この状態で保存すると、作成者名を残さず保存できます。

目次

スポンサーリンク

336

336

関連トピックス

関連トピックス






-Office関係

Copyright© Win10ラボ | Windows10の使い方と情報サイト , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.