Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

ハードウェア  

Windows10でブルーレイを再生したり書き込みするには専用ドライブが必要です

スポンサーリンク

更新日:

Windows10でブルーレイ(Blu-ray)再生したり書き込みする事はできるのですが、その為にはブルーレイ対応ドライブが必要です。

市販のパソコンでブルーレイに対応しているものはほとんどなく、あってもオプションで追加料金を取られる事が多いのです。

あなたのパソコンがブルーレイの再生に対応しているか確認するには、ディスクドライブの前面にブルーレイのロゴが刻印されているかどうか確認してみてください。

動画で見る

ブルーレイドライブの種類

ブルーレイドライブには内蔵タイプと外付けタイプの2種類があります。ブルーレイが出始めた当初はドライブも相当高価なものでしたが、近年はお手頃価格になって手の届きやすい価格になりました。

ブルーレイだけに対応しているわけではなく、DVD、CD にも対応しています。

内蔵タイプ

内蔵ブルーレイドライブはパソコン本体に埋め込むタイプのドライブです。これを使うには今あるディスクドライブを交換する事になりますが、市販のパソコンで交換するのは難しいかもしれません。

メーカーパソコンの場合、ディスクドライブの形状も独自のものを使っている場合があり、そもそも入らない可能性があるからです。自分でパソコンを組み立てていない限り交換は難しいでしょう。

外付けタイプ

外付けブルーレイドライブは USB で接続するタイプのドライブです。USB 端子さえあれば使えるので、導入はとても簡単です。

ブルーレイ再生ソフト

ブルーレイ対応ドライブだけがあっても、まだ Windows10 でブルーレイを再生する事はできません。ブルーレイ再生ソフトが必要なのです。

おすすめは「LEAWO Blu-ray Player」です。無料ソフトであるにも関わらず、ブルーレイと DVD の再生、各動画ファイルの再生に対応しています。

目次

スポンサーリンク




関連トピックス



-ハードウェア

Copyright© Win10ラボ | Windows10の使い方と情報サイト , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.