Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

セキュリティ  

Windows10でパスワード付きzipファイルを作成する方法

投稿日:

zip ファイルと言えば圧縮形式の一つ。有名なファイルフォーマットで、よく使われる圧縮ファイルフォーマットです。

実はこの zip ファイルにはパスワードをかける事が可能です。しかし、Windows 標準機能で zip ファイルにパスワードをかける事はできません。その為、パスワードをかけるためには別途ソフトウェアをインストールする必要があります。

今回は Windows10 で zip ファイルにパスワードをかける方法を紹介します。

8 Zip Liteでパスワードをかける

せっかくなので Windows アプリを使ってみましょう。今回は「8 Zip Lite」というアプリを使用します。これは zip ファイルを圧縮したり解凍したりするごく一般的なアーカイバーです。8 Zip Lite はストアアプリからインストールする事ができますので使い方も合わせて紹介します。

zippass

ストアアプリで右上の検索窓から検索すればすぐに出てきます。8 Zip Lite は無料ですので、クリックしてインストールを進めましょう。(有料版も有り)

zippass2

8 Zip Lite を開くとまずはこのような画面となります。まず空の zip ファイルを作らなければなりませんので、赤線部の「新しいアーカイブ」をクリックします。

zippass3

保存先を尋ねられるので、ここで空の zip ファイルを保存しましょう。

zippass4

パスワード付き zip ファイルを作成する為に、最初に右上の歯車アイコンをクリックします。次に、暗号化のスイッチをオンに切り替えます。

zippass5

ここで zip ファイルのパスワードを設定します。

zippass6

暗号化方式が2種類ありますね。

Zipcrypto

Ziprypto は多くの OS で扱える zip 暗号化形式です。Windows 標準機能としても Zipcrypto で暗号化されパスワードが付いた zip ファイルを解凍する事が可能です。

しかし、Zipcrypto は比較的解析が容易でセキュリティレベルの観点からは決して高いものではありません。

AES-256

AES-256 は Zipcrypto より強固な zip 暗号化形式です。しかし、この暗号化形式を使うと Windows の標準機能では解凍できなくなってしまいます。パスワード付き zip ファイルの送り先でも解凍に別途ソフトウェアが必要になります。

有名所では、7-zip(フリーソフト)などがあります。

zipにファイルを追加する

zippass7

暗号化形式を決定したら、プラスボタンで圧縮したいファイルを追加していきます。ファイルを追加したら、パスワード付き zip ファイルが出来上がりです。

パスワード付きzipファイルを解凍する

当然ながら 8 Zip Lite でもパスワード付き zip ファイルを解凍する事ができます。

zippass8

その場合は、「アーカイブを開く」をクリックします。

zippass9

そして、赤枠部のボタンをクリックするとパスワードの入力を求められます。正しいパスワードを入力したら解凍は完了です。

目次

スポンサーリンク

336

336

関連トピックス

関連トピックス






-セキュリティ

Copyright© Win10ラボ | Windows10の使い方と情報サイト , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.