Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

標準アプリ  

Windows10天気アプリで表示する天気の地域を変更してみよう

スポンサーリンク

更新日:

Windows10 には標準で詳しい天気予報を表示してくれる天気アプリがあります。もう明日の天気はどうだろう?とインターネットを開いて Yahoo 天気を調べたりする必要はありません。アプリを開いたらすぐさま天気を確認する事ができます。

weather2

スタートメニューにも右側に天気アプリのタイルがあります。これをクリックしましょう。(ない場合はすべてのアプリから探しましょう)。

weather3

こちらが Windows10 の天気アプリです。今日の天気から週間天気予報、気温、湿度、風速、気圧、視界などかなり詳細な天気を確認する事ができます。

しかし、初期状態では天気の地域が東京に設定されています。天気の地域をお住まいの地域に設定してみましょう。

天気アプリの地域を変更する方法

weather4

地域を変更するには、左メニューの歯車アイコンから設定を開きます。

weather5

地域を設定欄のテキストボックスにおすまいの都道府県や市を入力します。ある程度入力したら候補が表示されるのでお住まいの地域を選択しましょう。

これで設定は完了です。天気アプリを再起動後から、表示される天気の地域が変更されているのが確認できます。

気温表示がおかしい場合

冬であるにも関わらず34度と出ています。明らかにおかしいです。しかし、実はある意味では正しい表示なのです。

気温表示には「摂氏」と「華氏」があります。摂氏何度とかは聞いたことがあるのではないでしょうか。日本で使われているのは摂氏ですが、アメリカやイギリスの一部地域では華氏が使われています。

つまり上の画像では華氏温度になっているため、赤丸の「C」をクリックして摂氏温度に変更してみましょう。馴染みある温度になるはずです。

目次

スポンサーリンク

336

336




関連トピックス



-標準アプリ

Copyright© Win10ラボ | Windows10の使い方と情報サイト , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.