Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

ハードウェア  

Windows10でUSBメモリなどの転送速度を上げる高パフォーマンス設定

スポンサーリンク

投稿日:

USB メモリなどの USB デバイスをパソコンから抜く時、普段なら「デバイスの安全な取り外し」を行ってきたと思いますが2019年4月にマイクロソフトがそれをしなくても良いと発表しました

ただし、しなくても良いのは Windows10 のバージョン1809以降のものに限ります。

何が変わったのかというと、USB 関連のポリシーに関して初期設定が「高パフォーマンス」から「クイック削除」に変わりました。クイック削除になったので「デバイスの安全な取り外し」をしなくてもそのまま取り外すことができるようになったわけです。

※ただし明らかにデータの転送中などに抜くのは従来どおりご法度です。

高パフォーマンスからクイック削除になった事で、書き込みキャッシュが無効になりデータの転送速度が若干落ちます。それは困るという人は、高パフォーマンスに戻すことができます。ただし、従来どおりハードウェアの安全な取り外しが必要になります。

USBデバイスの高パフォーマンス設定をする

まずはスタートボタンを右クリックして、メニューの中からデバイスマネージャーを選択します。

ディスクドライブから USB デバイスを探し、右クリックしてプロパティを開きます。

画面上部よりポリシータブを開き、取り外しポリシーを高パフォーマンスに変更します。そして OK ボタンを押します。

これで高パフォーマンス設定は完了です。

※ただし高パフォーマンス設定にしたからには、ハードウェアの安全な取り外しを忘れないようにしてください。
Windows10でUSBメモリを安全に取り外す方法

USBメモリはUSB端子に差しこむだけでデータの読み書きが出来、他のパソコンなどへデータを受け渡しするのに重宝しますね。 そのUSBメモリも取り外し方一つで、データが壊れてしまう可能性があります。特に ...

続きを見る

目次

スポンサーリンク

336

336




関連トピックス



-ハードウェア

Copyright© Win10ラボ | Windows10の使い方と情報サイト , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.