Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

ハードウェア  

Windows10 - ノートパソコンでも数字を入力しやすくする外付けテンキー

スポンサーリンク

投稿日:

ノートパソコンで数字をスピーディーに入力したいとお悩みでしょうか?

ノートパソコンは小型化優先のため、電卓のように数字の入力キーが並んでいる「テンキー」はカットされている事が多いです。そのためノートパソコンではキーボード上部の数字が横に並んだキーで入力するわけですが、数字を大量入力する作業には向きません。

そんな時に圧倒的に数字の入力を改善するものが「外付けテンキー」です。一般的なキーボードにあるテンキーのみを独立させたもので、ノートパソコンでもテンキーを導入する事ができます。

ノートパソコンで Excel でのデータ入力など、数字を大量入力する作業の時に大変重宝する外付け機器です。

外付けテンキーの種類

電池がいらない有線タイプ

USB 接続の外付けテンキーなら電池の消耗を気にする必要がありません。

しかし USB 端子の場所はパソコンによって様々。コードが短いなど不満が出るかもしれません。コードの長さはよく確認しましょう。

持ち運びに便利な無線タイプ

無線タイプは持ち運びに便利で、コードの取り回しを気にする必要がありません。しかし若干価格は高いです。

無線タイプの中にも更に2つの種類があります。

  • 2.4Ghzワイヤレス
  • Bluetooth

2.4Ghzワイヤレス

無線マウスなどでもよく採用されているタイプです。

使用するにはレシーバーが必要になって USB 端子を一つ埋めてしまいます。無線マウスも使っている場合は更に USB 端子を圧迫します。

レシーバーはとても小さいので、紛失してしまうと使えなくなってしまいます。

Bluetooth

Bluetooth はレシーバーが必要ありません。Bluetooth 対応ノートパソコンなら USB 端子も必要ないこちらが良いでしょう。

ただし、最初に使用する時にペアリングという作業が必要になります。

※キーを押した時の感触も、デスクトップのように確かな押しごこちのあるタイプと、軽いタッチのタイプがあります。

テンキーを選ぶポイント

数字を入力するためのテンキーでも、各メーカーの商品によって様々な特長があります。あなたのご使用状況に合った商品を探してみましょう。

  • Tabキーの有無
  • 00キーの有無
  • ()キーの有無
  • ディスプレイ付きの電卓併用タイプ

意外とたくさんの特長が見つかります。特にディスプレイ付きのテンキーは、電卓としても使えるので便利です。

目次

スポンサーリンク




関連トピックス



-ハードウェア

Copyright© Win10ラボ | Windows10の使い方と情報サイト , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.