Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

標準アプリ  

Windows10のメモ帳で文字コードを指定して保存をする方法

スポンサーリンク

更新日:

Windows10 のメモ帳でも文字コードを指定して保存をする事ができます。

パソコンの世界には以下のように文字コードというものがいくつかあります。

  • Shift-JIS
  • UTF-8
  • UTF-16
  • EUC

従来のメモ帳では Shift-JIS で保存されていました。しかし、ウェブサイトでは主に UTF-8 が使われているため、そのままアップロードすると文字化けが発生する事がしばしばありました。

現在はメモ帳は標準で UTF-8 で保存されるようになり、ウェブサイトでの文字化け問題は起こらなくなった事でしょう。

ここでは、メモ帳で文字コードを指定して保存する方法を解説します。

動画で見る

文字コードを指定して保存する方法

メモ帳でテキストファイルを作り、ファイルメニューから名前を付けて保存を選択します。

画面右下の保存ボタンの横に、文字コードのメニューがあり選択できるようになっています。以下の中から選べます。

  • ANSI
  • UTF-16 LE
  • UTF-16 BE
  • UTF-8
  • UTF-8(BOM付き)

ANSI とは、日本語 Windows において Shift-JIS の事です。

BOM付きとは?

BOM とは Byte Order Mark の略です。爆弾ではありません。

BOM が付くとファイルの先頭に小さなデータが付与されます。そのデータによってそのファイルが UTF-8 である事を明確に示す役割があります。

しかし、ウェブサイトにおいては BOM なしにしておいた方が問題は起きにくいでしょう。

一部アプリケーションによっては BOM がないと UTF-8 であると認識できずに問題が起こることがありますので、どちらが正しいというわけではありません。

UTF-16 LE/BEとは?

LE はリトルエンディアン、BE はビッグエンディアンの略で、それぞれデータの並べ方の仕組みです。

例えば「あ」を UTF-16 のデータを表すと「0x3042」です。(0xとは次のデータが16進数である事を表す)

  • そのまま「3042」と並べるとビッグエンディアン
  • 逆に「2403」と並べるとリトルエンディアン

人間が見るにはそのまま並べられていた方がわかりやすいですが、パソコン側から見ると逆順の方が操作しやすいのです。

目次

スポンサーリンク




関連トピックス



-標準アプリ
-

Copyright© Win10ラボ | Windows10の使い方と情報サイト , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.