Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

システム設定  

Windows10でストレージ容量の使用状況を確認し一時ファイルを削除する方法

スポンサーリンク

更新日:

パソコンを使えば使っていくほど、ストレージ容量はどんどん逼迫していき最後にはCドライブが満タン…何てこともあると思います。従来の Windows では何が容量を逼迫しているのかわかりづらく、大きく容量を空ける事は難しいものでした。

しかし、Windows10では何がどれだけストレージ容量を使っているのか詳細にわかるようになりました。その方法についてお話します。

ストレージ容量の詳細を確認

browser1

まずはスタートメニューから設定を開きましょう。

設定メニューの中から「システム」を選びます。

左メニューから「記憶域」を選びます。ここでドライブの全ストレージ容量のうち何GB使用されているかが確認できます。

更に下へスクロールしてみましょう。

アプリ、ドキュメント、一時ファイルなど、何が容量を逼迫しているのかもわかりやすく、不要なものを削除してストレージ容量を空ける事にも役立ちます。

手っ取り早く空き容量を空けるのに一番早いのは「一時ファイル」です。

一時ファイルを選択すると、更に細かく内訳がわかります。

  • ダウンロードフォルダー
  • 縮小表示
  • ゴミ箱
  • Windows Update のクリーンアップ
  • 一時Windowsインストールファイル
  • 配信の最適化ファイル
  • 一時ファイル
  • Windowsエラー報告とフィードバックの診断
  • インターネット一時ファイル
  • DirextX シェーダーキャッシュ
  • Windows アップグレードログファイル
  • 以前のバージョンのWindows
※ダウンロードを削除する時は、大事なファイルが消えてしまわないように注意が必要です。

特に Windows10 へアップデートしたばかりの場合、以前の Windows ファイルが残されています。何かあった時のためにアップデート前へ戻す為に使われるものですが、戻す予定がない場合はサクッと削除してしまいましょう。10GBものストレージ容量を確保する事ができます。

目次

スポンサーリンク

336

336




関連トピックス



-システム設定

Copyright© Win10ラボ | Windows10の使い方と情報サイト , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.