Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

システム設定  

Windows10のスクロールバーの幅が細くて見づらい時、常に太く表示する方法

スポンサーリンク

更新日:

Windows10 の設定画面やスタートメニューのスクロールバーって細くて使いづらいと思った事はありませんか?触った時だけスクロールバーが太くなりますが、しばらく放っておくとスクロールバーが細くなり最後には消えてしまう事もあります。

上図のように初期状態では触っていない時はスクロールバーが細い状態です。確かに見た目はスタイリッシュかもしれませんが、少々利便性が落ちます。

しかし、設定次第ではこのスクロールバーを常に太くしておく事ができるのです。

幅のあるスクロールバーを常に表示させておく設定

browser1

まず、スタートメニューから設定を開きましょう。

設定の中から「簡単操作」を選択します。

ディスプレイの設定で、Windows のシンプル化とパーソナル設定の項目で「Windows のスクロールバーを自動的に非表示にする」のスイッチをオフにします。

これでスクロールバーが細くなったり消える事なく、常に太いスクロールバーのままでいてくれます。マウスでも選択しやすく使いやすくなりました。

スタートメニューのスクロールバーも常に太くなります。

目次

スポンサーリンク

336

336




関連トピックス



-システム設定

Copyright© Win10ラボ | Windows10の使い方と情報サイト , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.