Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

セキュリティ  

Windows10でセキュリティで保護されたサインイン「Ctrl + Alt + Del」を行う方法

スポンサーリンク

投稿日:

パソコンを起動して Windows10 にサインインする時はパスワードを入力するという流れが多いですが、パスワードを入力する前に Ctrl + Alt + Delete キーを押さなくてはならないというセキュリティ設定があります。

ユーザーがサインイン時に Ctrl + Alt + Delete キーを押すサインイン方法を「セキュリティで保護されたサインイン」といいます。これを有効にするとセキュリティが強化され以下のメリットがあります。

セキュリティのために、ユーザーがサインインする時に Ctrl + Alt + Delete キーを押すように設定することで、認証 Windows サインイン画面が表示され、サインインを装ってパスワード情報を取得する悪意のあるプログラムからシステムを保護することが保証されます。

セキュリティを強化するために「セキュリティで保護されたサインイン」を有効にする方法について解説します。

セキュリティで保護されたサインインを有効にする

まずは Win キー + R を押して「ファイル名を指定して実行」のウィンドウを開きます。これはファイル名を指定して直接プログラムやアプリを実行するものです。

ファイル名を指定して実行
Windows10でファイル名を指定して実行をスタートメニューに復活させる方法

ファイル名を指定して実行という機能をご存知でしょうか。コマンドを入力したり、ファイルへのパスを入力すればすぐに開けるという機能です。 Windows7 以前ではファイル名を指定して実行はスタートメニュ ...

続きを見る

ファイル名を指定して実行の画面が開いたら、以下のコマンドを入力します。

netplwiz

そして OK ボタンを押しましょう。

ユーザーアカウントのウィンドウが表示されます。そして、画面上部の詳細設定タブを開きます。

セキュリティで保護されたサインインの設定があり、「ユーザーが必ず Ctrl + Alt + Del キーを押す」のチェックマークをオンにします。

そして OK ボタンを押しましょう。これで設定は完了です。

次回サインイン時には、Ctrl + Alt + Del キーの入力を求められ、入力後にパスワード画面へ遷移します。

おわりに

従来でもサインインにはマウスでクリックしなくてはいけませんでしたし、これが Ctrl + Alt + Del に変わっただけなのでサインインの手間的には変わりませんね。

目次

スポンサーリンク

336

336




関連トピックス



-セキュリティ

Copyright© Win10ラボ | Windows10の使い方と情報サイト , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.