Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

セキュリティ  

Windows10標準セキュリティソフトWindows Defenderで手動スキャンする方法

スポンサーリンク

更新日:

Windows Defender とは Windows10に搭載されている標準セキュリティソフトです(Windows8にもある)。ウイルスやスパイウェアを検出し削除する機能を持ちます。つまりマイクロソフト謹製のアンチウイルスソフトといった所です。

Windows7以前のものはスパイウェア検出のみの機能でしたが、Windows8以降のものはウイルス検出にも対応するようになりました。

それでは Windows10 の Windows Defender でパソコンを手動スキャンしてみましょう。

Windows Defenderで手動スキャンを実行する

browser1

まずはスタートメニューから設定を開きます。

defender1

設定を開いたら「更新とセキュリティ」を選びます。

defender2

左メニューの中から「Windows Defender」を選択します。そして下の方へスクロールすると「Windows Defenderの使用」というリンクがあるのでこれをクリックします。

defender3

Windows Defender が開きました。ここでスキャンのオプションが3種類あります。

  • クイックスキャンではウイルスに感染しやすい場所に絞ってスキャンされます。
  • フルスキャンは文字通り全てを徹底的にスキャンします。
  • カスタムスキャンはスキャンする場所を指定してスキャンします。

スキャンオプションを選んだら今すぐスキャンボタンを押しましょう。

左上の更新タブでは、ウイルスおよびスパイウェア定義を更新できます。これは安全の為にも常に最新にしておかなくてはいけません。Windows アップデートで最新版の Windows Defender の定義がダウンロードされますが、ここで手動でダウンロードする事もできます。

注意事項

Windows Defenderと他社アンチウイルスソフトと共存する事はできません。他社アンチウイルスソフトをインストールすると Windows Defender は自動的に無効になります。

もちろん有料のアンチウイルスソフトを導入しても問題ありません。Windows Defender では不十分とも言われるので、別途アンチウイルスソフトを導入する事をおすすめします。

目次

スポンサーリンク

336

336




関連トピックス



-セキュリティ

Copyright© Win10ラボ | Windows10の使い方と情報サイト , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.