Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

標準アプリ  

Windows10のメモ帳で右端で折り返す設定で長い文章を見やすくする方法

投稿日:

Windows10 に限らず標準アプリのメモ帳は設定次第で自分で改行しない限り延々と右へ入力されていきます。横スクロールバーが表示されるのです。

厳密に言えば無限に1行で表示されるわけではありません。半角英数字で1024文字で改行されます。

しかし、メモ帳の画面サイズに応じて自動的に改行して欲しい事もあるでしょう。画面の右端で自動で折り返してくれる設定があります。

入力した文章を右端で折り返す方法

上図では右端で折り返されずに横スクロールバーが表示されて1行1024文字続いている状態です。これをメモ帳画面サイズに合わせて折り返してくれる設定があります。

書式メニューから「右端で折り返す」を選択します。

すると画面サイズに合わせて自動的に折り返してくれるようになりました。自動で改行してくれると文章を入力する時などは使いやすいですね。

※画面サイズを変更するとそれに応じて折り返される部分も変わります。改行しているように見えますが実際に改行コードが入っているわけではありません。他のテキストエディタで開けば1行で表示されます。

ショートカットキーで折り返す

キーボード操作のショートカットキーで折り返す事もできます。

Alt + O から W キーを押す

コピーペーストのようなショートカットキーより難しいですが、マウスを触らなくても右端で折り返す設定のオンオフができます。

目次

スポンサーリンク

336

336

関連トピックス

関連トピックス






-標準アプリ
-

Copyright© Win10ラボ | Windows10の使い方と情報サイト , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.