Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

システム設定  

Windows10でローカルグループポリシーエディターを開くには?Homeで開く方法は

投稿日:

ローカルグループポリシーとは通常の Windows の設定ではできないような細かな設定もできるエディターです。普通はレジストリを弄らなければできなかった設定もローカルグループポリシーならできます。設定できる事はたくさんありますが USB メモリを使用禁止にしたり、パスワードを何文字以上に設定したり、Windows Update の自動更新を無効にしたり多岐にわたります。

企業で PC の運用に一定のルールを設ける時などに重宝する機能です。

しかしローカルグループポリシーエディターは以下の Windows10 にしか対応していません。

  • Windows10 Pro
  • Windows10 Enterprise
  • windows10 Education

Windows10 Home では使えません。

ローカルグループポリシーエディターを開くには

ファイル名を指定して実行で開く

次のショートカットキーでファイル名を指定して実行を開きます。

Winキー + R

ここでは名前の部分に次のように入力します。

gpedit.msc

これはローカルグループポリシーエディターのファイル名です。

ローカルグループポリシーエディターが開きました。

検索して開く

タスクバーの検索窓や虫眼鏡のアイコンから「gpedit.msc」を検索するとここから開けます。

Windows10 Home で使う方法はないのか?

Windows10 Home をお使いの場合は、Pro にアップグレードするしかないと思われましたが、実は使う方法がありそうです。

Windows10をHomeからProへアップグレードする方法

Windows10 には Home と Pro という2つのエディションがあります。一般家庭で使う分には Home で十分ですが、Pro にはビジネス用途向けの機能が揃っています。当然ながら Pro ...

続きを見る

インターネット上で検索すると海外サイトを経由したり、怪しいリンクからダウンロードする必要があるものも多かったですが、以下の方法であればローカル環境だけで実現可能でした。

「Windows 10 Home」でローカルグループポリシーエディターを使用する方法

目次

スポンサーリンク

336

336

関連トピックス

関連トピックス






-システム設定

Copyright© Win10ラボ | Windows10の使い方と情報サイト , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.