Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

マルチメディア  

Windows10でアイコンファイル(.ico)を作る方法

スポンサーリンク

投稿日:

Windows10 でアイコンファイル(.ico)を作る方法を解説します。

アイコンファイルとは、あなたのデスクトップにも表示されているファイルやフォルダーのアイコンに使われている画像、またはウェブサイトのファビコンにも使われている画像です。アイコンファイルは通常の画像編集ソフトで作れないのです。

しかし、ある条件はありますが Windows10 標準機能でアイコンファイルを作る裏技的な方法があります。

icoファイルの作り方

まずはアイコンファイルにしたい画像を用意します。

スタートメニューのアプリ一覧から Windows アクセサリフォルダーの中にあるペイントを開きます。

ペイントを開いたら、用意していた画像を開きます。

イメージの中にあるサイズ変更ボタンを押します。

アイコンファイルは48ピクセル以下で用いられるものなので、サイズ変更のピクセルを選択し、水平方向・垂直方向ともに48に設定します。そして OK ボタンを押します。

ファイルメニューを開いて名前を付けて保存から BMP 画像で保存します。

BMP 画像を保存したら、画像を右クリックしてメニューの中から名前の変更を選択します。

拡張子部分の「.bmp」部分を消し、「.ico」に変更します。

拡張子が表示されていない場合は、拡張子を表示するように設定して下さい。

拡張子
Windows10でファイルの拡張子を表示させる方法

Windows10 では一般的なファイルの拡張子が初期設定で表示されないようになっています。もし、ファイルの拡張子を表示させたいと思っているならこれから解説する方法で簡単に表示させる事が可能です。 拡 ...

続きを見る

拡張子を変更すると、ファイルが使えなくなるという警告が表示されますが、そのまま「はい」ボタンを押します。

アイコンを変更する

アイコンを変更したいフォルダーを右クリックし、メニューの中からプロパティを開きます。

カスタマイズタブを開いて、アイコンの変更ボタンを押します。

参照ボタンを押して、用意したアイコンファイルを指定します。

OK ボタンを押します。

※アイコンファイルを削除すると、変更したアイコンはもとに戻ってしまいます。

作ったアイコンファイルに変更されました。

アイコンファイルが黒くなる

背景が透過してある場合など bmp から ico ファイルに変更したら背景が黒くなってしまう場合があります。その場合は下記で紹介する別の方法をお試しください。

ウインドウズ標準形式アイコン作成。無料で透過マルチアイコンが作れます。

このサイトはオンラインで jpg、png、gif、bmp 画像ファイルからアイコンファイルに変換できるサイトです。

ここであれば背景が透過してあっても、透過のアイコンファイルが作れます。画像のサイズも気にする必要がありません。

小画像・中画像・大画像ボタンを押して、アイコンにしたい画像ファイルを指定します。

アイコンファイルが生成されるので、ダウンロードボタンを押すとアイコンファイルをダウンロードできます。

目次

スポンサーリンク




関連トピックス



-マルチメディア

Copyright© Win10ラボ , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.