Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

マルチメディア  

Windows10でQRコードをパソコンで読み取るアプリ「QR Code for Windows10」の使い方

スポンサーリンク

更新日:

※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。

QR コード(二次元コード)は1994年に日本で開発されました。今では世界中で使われるようになり、街中でもよく見かけるものになりました。特にキャッシュレス決済でも QR コードが活用され、スマートフォンで読み取る機会も多く、目にしない日はないくらいに普及しました。

QR コードと言えばスマートフォンではよく読み取る機会があり、標準でインストールされているアプリもあります。しかし、パソコンで読み取るとなるとあまり機会はないかもしれませんが QR コードはパソコンでも読み取る事ができます。

ここでは Windows10 で QR コードを読み取る方法について解説します。

動画で見る

QR Code for Windows10のインストール

QR コードを読み取るには、マイクロソフトストアで公開されている無料アプリを使います。

マイクロソフトストア

タスクバーから紙袋アイコンを押してマイクロソフトストアを開きます。

画面右上の検索窓より QR で検索し、「QR Code for Windows 10」を選択します。

入手ボタンを押すと、自動でダウンロードとインストールが始まります。

アプリを起動するとこのような画面になります。ウェブカメラをお持ちの場合は、アプリにウェブカメラを許可するかどうか確認が出ます。ウェブカメラから QR コードを読み取ることも可能です。

QR Code for Windows10の使い方

ファイルからQRコードを読み取る

QR コードの画像から内容を読み取るには「READ QR CODE FROM FILE」ボタンを押します。

するとファイル選択画面になるので、QR コードの画像ファイルを選択します。

すぐに QR コードの読み取り結果が出ます。

  • Open this link:QRコードの URL をブラウザで開きます
  • COPY CONTENT:URL をクリップボードにコピーします

QR コードの内容が本当に正しいか確認したい時などに活用できます。

ウェブカメラでQRコードを読み取る

パソコンにウェブカメラが接続されている場合、ウェブカメラで QR コードを読み取る事ができます。

SCAN QR CODE ボタンを押して、読取りを始めてください。

QRコードを作る

QR Code for Windows 10 は読み取りだけではなく、QR コードを作る事もできます。

「GENERATE QR CODE」ボタンを押します。

テキストボックスに URL またはテキストを入力して「Generate QR」ボタンを押します。

QR コードが作成されました。画面右下の赤枠部の保存ボタンを押すと、ファイルとして保存されます。

保存場所はピクチャフォルダーの保存済みの写真フォルダーです。

■保存場所
C:¥Users¥[ユーザー名]¥Pictures¥Saved Pictures

QRコードの出力サイズを変える

出力される QR コードのサイズを確認する事ができます。

SETTINGS ボタンを押して設定を開きます。

Image Resolution の「V」「∧」ボタンを押すと、QR コードの出力サイズを変更する事ができます。最小は300px * 300px です。

印刷に使う場合、あまり小さいものを使うと正常に読み取れない事があります。

目次

スポンサーリンク

336

336




関連トピックス



-マルチメディア

Copyright© Win10ラボ | Windows10の使い方と情報サイト , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.