Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

マルチメディア  

Windows10でJPEG-XR(JXR)ファイルをJPGにアプリで変換する方法

投稿日:

世の中には JXR という画像ファイルがあります。JXR ファイルとは JPEG-XR が正式名称で2009年に登場した画像ファイル形式です。JPG よりも高圧縮で扱える色数も多く高品質です。しかしマイクロソフトが開発したもので、Windows 以外では使えないのが現状です。

デジタルカメラの画質向上で写真を保存するファイル形式として JPG では限界を迎えました。表現できる色数も制限されていますし、何より保存の度に劣化するのが JPG です。その他のファイル形式には RAW がありますが JPG より遥かにファイルサイズが大きいです。高圧縮で高画質を実現するのが JPEG-XR と期待されていましたが…。

iOS では JPG の後継として HEIF を採用し、デジタルカメラで JPEG-XR が採用される見込みはありません。

前置きはこのくらいにして、JPEG-XR(JXR)は Windows Vista 以降しか使えませんし、インターネット上でも使われない画像形式なのでそのままでは使いにくいです。JXR ファイルを JPG に変換する方法を紹介します。

JXRをJPGに変換

インターネット上に JXR ファイルを他の形式に変換できるサイトはたくさんありますが、ここではアプリで変換する方法を紹介します。

「Image Converter」というアプリを使います。ストアアプリで「Image Converter」を検索してみて下さい。

入手ボタンを押すとダウンロードとインストールが始まります。英語のアプリですがシンプルなので直感的にわかると思います。

アプリを起動するとこのような画面になります。

Add Files ボタンを押して JXR ファイルを選択します。

Output Format(出力形式)は JPEG を選択します。隣の歯車アイコンを押すと圧縮率の設定ができます。

Output Folder(保存先)の Click to choose を押して保存先フォルダーを選択します。

最後に Convert ボタンを押します。

すると保存先に指定したフォルダーに jpg 画像に変換されたものが保存されます。

目次

スポンサーリンク

336

336

関連トピックス

関連トピックス






-マルチメディア

Copyright© Win10ラボ | Windows10の使い方と情報サイト , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.