Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

ファイル・フォルダ  

Windows10で隠しファイルを表示、隠しファイルを作る方法

スポンサーリンク

更新日:

Windows10 で隠しファイルを表示、または作る方法を解説します。

隠しファイルとは、普通には見えないファイルです。普通 Windows でファイルを保存すれば保存フォルダに何かしらアイコンが出てきて、それをクリックしたらファイルを開けます。隠しファイルはそのフォルダーに保存されているにも関わらず、普通では見えないようにする機能です。

パソコンを使っている人に消されては困るような Windows の心臓部とも言えるシステムファイルなどは隠しファイルとなって見えなくなっている場合があります。

でも、隠しファイルを表示しなくてはならない事も稀にあるでしょう。

隠しファイルを表示する方法

隠しファイルを表示する方法は Windows10 からの新しい方法と、従来の Windows からの2つの方法があります。

隠しファイルは半透明なファイルアイコンになっているので見分ける事ができます。

エクスプローラーから表示

以下の方法で隠しファイルを見えるようにします。

kakusifile2

まずはスタートメニューからエクスプローラーを開きましょう。

kakusifile3

エクスプローラーを開いたら、上部のメニューから「表示」タブを選択し、隠しファイルのチェックボックスをオンにします。これで隠しファイルは半透明のアイコンとなって表示されるようになります。

フォルダーオプションから表示する

こちらは従来の Windows での方法ですが Windows10 でも可能です。

エクスプローラーを開いたら、ファイルタブを開いて「フォルダーと検索オプションの変更」を選択します。

フォルダーオプションが開いたら、画面上部の表示タブを開き「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」を選択して OK ボタンを押します。

これで隠しファイルが表示されます。

※この設定は全てのハードディスク/SSD で有効になります。

隠しファイルを作る方法

自分で作ったファイルも隠しファイルにする事ができます。

ただし隠しファイルは上にも書いたように簡単に表示する事ができます。見られてはまずいファイルや重要な書類を隠しファイルにする事はセキュリティ面で全く意味がありません。

kakusifile4

例としてこのファイルを隠しファイル化してみる事にします。

kakusifile5

隠しファイルにしたいファイルを右クリックして、メニューの中からプロパティを選択します。

kakusifile6

ファイルのプロパティが開くので、属性欄の隠しファイルのチェックをオンにします。これで OK ボタンをクリックします。

これでファイルが隠しファイルとなります。

目次

スポンサーリンク




関連トピックス



-ファイル・フォルダ

Copyright© Win10ラボ | Windows10の使い方と情報サイト , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.