Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

Google Chrome  

Chromeのリーディングリストの使い方とメニューから削除して消す方法【Windows10】

スポンサーリンク

投稿日:

Google Chrome バージョン89あたりからリーディングリストという機能が追加されました。Windows 環境の Chrome でリーディングリストの使い方と、メニューから消す方法を解説します。

リーディングリストとは?

Chrome のリーディングリストとは YouTube で言う「後で見る」と同様の機能です。今は時間がないけど、後でじっくり見たいという時に一時的に保存しておく場所となります。

後で見ようと思って頭の片隅に置いておくのでは、後から何だっけ?と忘れてしまう事もあるでしょう。しかし、ブックマークに入れるのも煩雑になるので避けたい。

そんな時に役立つのがリーディングリストです。

リーディングリストの使い方

リーディングリストに追加

後で読みたいウェブサイトを見ている時に、アドレスバーにある☆ボタンを押します。

メニューの中から「リーディングリストに追加」ボタンを押します。

画面右上にあるリーディングリストボタンを押すと、ページが保存されている事が確認できます。

リーディングリストから削除

リーディングリストに追加したページは読んでも自動的に消えることはありませんので、手動で消す必要があります。

画面右上のリーディングリストを開いて、マウスポインターを消したいページの上に置くと✕ボタンが表示されます。✕ボタンを押すとリーディングリストからページを削除できます。

メニューからリーディングリストを削除

リーディングリスト機能が不要という方は、メニューから削除する事もできます。

画面右上のリーディングリストボタンを右クリックして、メニューの中から「リーディングリストを表示」を選択して、チェックマークを外します。

するとメニューからリーディングリストが削除されます。

リーディングリストを完全に無効にする

リーディングリストのボタンをメニューから消しても、アドレスバーの☆ボタンを押すとリーディングリストに追加するメニューが表示されてしまいます。

このメニューも削除するには、リーディングリストを完全に無効化します。

アドレスバーに次のように入力してください。

chrome://flags/

Google Chrome の試験運用版の機能一覧が表示されます。

検索窓から「Readling List」を検索します。

Readling List のドロップダウンリストより「Disabled(無効)」を選択します。

Disabled にしたら画面右下に Relaunch(再起動)ボタンが表示されます。 Google Chrome を再起動します。このボタンから再起動すると開いていたタブも復元されます。

するとリーディングリストに追加するメニューが消え、従来のブックマークに追加のウィンドウが表示されます。

目次

スポンサーリンク




関連トピックス



-Google Chrome

Copyright© Win10ラボ , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.