Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

システム  

Windows10でタスクバーの下に隠れてしまったウィンドウを取り出す方法

更新日:

タスクバーの下に

ウィンドウをドラッグすれば自由に動かせる事はご存知かと思いますが、タスクバーの下へ持っていけばタスクバーの下に隠れてしまいます。一度タスクバーの下へやってしまえばタスクバーが邪魔してもう移動する事ができません。マウスの誤操作でタスクバーの下へ動かしてしまう可能性もゼロではありません。

タスクバーの下に隠れてしまったウィンドウを取り出すにはどうすれば良いのでしょうか?

その方法は2つあります。

ウィンドウを開き直す

タスクバーの下へいってしまったアプリやウィンドウを立ち上げ直す事で、また移動可能な場所に戻ってきます。

しかし、編集途中のファイルだったら保存ができないので内容が消えてしまいます。

タスクバーを動かす

もう一つの方法は、タスクバーの方を動かす方法です。

タスクバーを右クリックしてメニューからタスクバーの設定を選択します。

タスクバーの設定で「デスクトップモードでタスクバーを自動的に隠す」のスイッチをオンにするとタスクバーが隠れて、タスクバーの下へ行ってしまったウィンドウを復帰させる事ができます。

タスクバーの下へ隠れたウィンドウを復帰できたらまたタスクバーを隠す設定をオフにしておきましょう。

目次

スポンサーリンク

336

336

関連トピックス

関連トピックス






-システム

Copyright© Win10ラボ | Windows10の使い方と情報サイト , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.