Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

Google Chrome  

Google Chromeでハードウェアアクセラレーションを無効・有効にする設定

スポンサーリンク

投稿日:

Google Chrome でハードウェアアクセラレーションを無効・有効にする方法を解説します。

ハードウェアアクセラレーションとは?

ハードウェアアクセラレーションとは画面を表示する処理を CPU 依存にせず、グラフィックボードにも処理を分散させることで動作を向上させる機能です。

YouTube などの動画再生は画面の処理が高負荷なので、ハードウェアアクセラレーションの恩恵を受けられる場合があります。

Google Chrome のハードウェアアクセラレーションは標準でオンになっています。しかし Google Chrome の動作が不安定、不具合が散見される場合、ハードウェアアクセラレーションを無効にする事で改善されるかもしれません。

ハードウェアアクセラレーションの設定

画面右上の「︙」ボタンを押して、メニューの中から設定を開きます。

左メニューよりシステムを選択します。

「ハードウェアアクセラレーションが使用可能な場合は使用する」のスイッチをオフにします。

スイッチをオフにすると、再起動を求められます。再起動後、ハードウェアアクセラレーションは無効になります。

※使用可能な場合は使用するなので、オンでもグラフィックボードがないなら使用しません。

ハードウェアアクセラレーションを有効にしたい場合はスイッチをオンにしてください。

目次

スポンサーリンク




関連トピックス



-Google Chrome

Copyright© Win10ラボ , 2022 AllRights Reserved Powered by STINGER.