Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

Google Chrome  

Google Chromeで使用統計情報・障害レポートを送信しない・する設定

スポンサーリンク

投稿日:

Google Chrome で使用統計情報や障害レポートを Google に送信しない、またはする設定を解説します。

標準では Google サービスの改善のために使用統計情報と障害レポートが送信されるようになっています。これは別に送信しなくても Google Chrome を使い続ける事ができます。

使用統計情報と障害レポートとは?

使用統計情報

使用統計情報とは Chrome の使用状況です。

使用統計情報には、各種設定、ボタンのクリック、パフォーマンスの統計情報、メモリ使用状況などの情報が含まれます。
Googleのプライバシーポリシーより

個人を特定するような個人情報は送信されませんが、閲覧するウェブサイトの URL の情報の送信有無は別枠で設定があります。

障害レポート

Chrome がクラッシュして動作が停止した時、原因究明のためクラッシュ時の Chrome の使用状況が送信されます。

  • クラッシュに関連するメモリの内容(ページのコンテンツ、お支払い情報、パスワードなどが含まれる可能性があります)
  • Chrome の設定
  • インストールされている拡張機能
  • クラッシュ時にアクセスしていたウェブページ
  • デバイスのオペレーティング システム、製造元、機種
  • Chrome を使用している国

使用統計情報・障害レポートの送信設定

画面右上の「︙」ボタンを押して、メニューの中から設定を開きます。

左メニューより Google の設定を選択し、同期と Google サービスを選択します。

他の Google サービスの項目にある「Chrome の機能と動作の改善に協力する」のスイッチをオン、またはオフにします。

  • オン:使用統計情報と障害レポートを送信する
  • オフ:使用統計情報と障害レポートを送信しない

設定は即時反映されます。

閲覧したウェブサイトのURLを送信しない

閲覧したウェブサイトの URL を Google に送信しないようにするには、「検索とブラウジングを改善する」のスイッチをオフにします。

目次

スポンサーリンク




関連トピックス



-Google Chrome

Copyright© Win10ラボ , 2022 AllRights Reserved Powered by STINGER.