Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

システム設定  

Windows10でTPMに対応しているか、バージョンを確認する方法

スポンサーリンク

投稿日:

Windows10 であなたのパソコンが TPM(Trusted Platform Module)に対応しているか、また、バージョンを確認する方法を解説します。

TPM とはマザーボードに直付けされたセキュリティチップの事です。CPU 内部で実行されるファームウェア TPM もあります。

場合によっては TPM のセキュリティチップが別売である事もあり、TPM モジュールを別途購入しなくてはいけません。

TPMの機能とは?

TPM の機能を一言で言うと、セキュリティを強化するためのチップです。

  • 悪意のあるソフトウェアによる Windows やソフトウェアの改ざんを検知
  • 安全な暗号化機能
  • デジタル署名の生成・検証

このような機能などを実現する事ができるチップです。

TPM に対応しているか確認する

devicd5

スタートメニューを右クリックしてメニューの中から「デバイスマネージャー」を選択します。

デバイスマネージャーの中に「セキュリティデバイス」が存在すると、TPM に対応していることになります。

TPMのバージョンを確認する

まずは、次のショートカットキーを入力して、ファイル名を指定して実行を開きます。

Win キー + R

ここでは次のように入力します。

tpm.msc

トラステッドプラットフォームモジュールの管理画面が開きます。

■互換性のある TPM が見つかりません。
互換性のあるトラステッドプラットフォームモジュール(TPM)がこのコンピューター上に見つかりません。このコンピューターに1.2 TPM 以降があること、およびそれが BIOS 内で有効になっていることを確認してください。

このように表示されている場合は TPM が搭載されていません。

また、このように表示される場合でも BIOS で無効になっているだけかもしれません。

このような画面になっていると TPM が搭載されています。仕様バージョンという所でバージョンも確認できます。

Windows11 で必要な TPM

Windows11 では TPM2.0 が必須となっています。

Intel 系 CPU であれば第4世代(Haswell)以降であれば、CPU で動作するファームウェア TPM に対応しています。

しかし、Windows11 でサポートされる CPU はかなり厳し目で、Interl 系 CPU であれば第8世代(Kaby Lake)以降じゃないと動作しないようです。

Windowsプロセッサの要件Windows11でサポートされているIntelプロセッサ| Microsoft Docs

目次

スポンサーリンク




関連トピックス



-システム設定

Copyright© Win10ラボ , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.