Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

タスクバー  

Windows10でタスクバーのアイコンを大きくする方法

スポンサーリンク

更新日:

Windows10 では上図のようにタスクバーにアプリのショートカットを配置(ピン留め)して、1クリックで開けます。いつでも簡単に開けるので便利です。

便利ではありますが、このタスクバーのアイコンが小さくて見にくいとお悩みでしょうか?目があまり良くない方やお年寄りの方だと小さすぎて見えないという要望もあるでしょう。

Windows10 はタスクバーのアイコンを大きくする方法も用意されています。その方法について解説します。

タスクバーのアイコンを大きくする

browser1

まず、スタートメニューから設定を開きましょう。

設定から「システム」を選びます。

拡大縮小とレイアウトの項目で「テキスト、アプリ、その他の項目のサイズを変更する」のドロップダウンメニューから拡大率を選択します。

拡大率は以下の中から選べます。

  • 100%(推奨)
  • 125%
  • 150%
  • 175%

ただ、拡大率を変更すると、タスクバーのアイコンだけではなく文字やアプリも拡大されます。拡大した分使える画面サイズは小さくなります。

拡大される分、たとえ大きな画面を使っていても表示される範囲は狭いという事です。

目次

スポンサーリンク




関連トピックス



-タスクバー

Copyright© Win10ラボ | Windows10の使い方と情報サイト , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.