Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

アプリ関係  

Windows10でスタートアップ(自動起動)のアプリを無効にする方法

スポンサーリンク

更新日:

スタートアップとは、使う人の手を煩わせず Windows の起動と同時にアプリやプログラムを起動する機能の事です。毎日常に同じアプリを起動するならスタートアップに登録しておいても便利です。

しかしインストールするアプリによっては自動的にスタートアップに登録するものもあります。スタートアップに登録されたアプリは増えれば増えるほど、Windows 起動時の負荷は高くなります。まともに操作できるまで数分を要する事にもなります。

ここでは不要なスタートアップアプリを無効にする方法を紹介します。

アプリをWindows起動時に自動起動しない設定

win10-freeze

まずはキーボードの Ctrl + Alt + Delete を押します。Ctrl と Alt キーを押してから Delete を押すと確実です。すると上図のようなメニューが表示されるので「タスクマネージャー」を選択します。

startup2

このようなシンプルなタスクマネージャーが開いた場合は、左下の詳細ボタンをクリックします。

startup3

上部の「スタートアップ」タブをクリックします。スタートアップを無効にしたいアプリを選び、右下の「無効」ボタンをクリックします。

わかりやすい方法

Windows の設定から操作した方がわかりやすいかもしれません。

browser1

まず、スタートメニューから設定を開きましょう。

Windows の設定から「アプリ」を選択します。

左メニューよりスタートアップを選択すると、Windows の起動時に可動するアプリ一覧が表示されます。Windows の起動時間にどれだけ影響を及ぼしているかという指標も「大・中・小」というように確認できます。

Windows の立ち上げ時に起動して欲しくないアプリがあったら、スイッチをオフにしましょう。これでオフにしたアプリはスタートアップを無効にする事ができます。

何でもかんでも無効にしてしまうと、今までの使い心地が失われる事もあります。本当に不要だと思うものだけ無効にしましょう。

関連設定

更なる高速化の為に、バックグラウンドアプリの見直しもおすすめです。

Windows10で軽くする為にバックグラウンドアプリを停止する

Windows10 は今あなたが使っているアプリの他にも裏で色々と動いています。それをバックグラウンドアプリ(常駐アプリ)といいます。裏でアプリが動いていてくれるおかげでメールが来たら通知が来ますし、 ...

続きを見る

目次

スポンサーリンク

336

336




関連トピックス



-アプリ関係

Copyright© Win10ラボ | Windows10の使い方と情報サイト , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.