Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

マルチメディア  

Windows10でスマートフォンの画面をパソコンに映して操作する方法【ミラーリング】

スポンサーリンク

投稿日:

Windows10 で Android スマートフォンの画面をパソコンに映して操作する方法を解説します。

スマートフォンの画面は小さいですし、文字入力も物理キーボードがあるパソコンのようにはいきません。パソコンの画面に映せば画面も大きいですし、文字入力にキーボードが使えたりマウスも使えるのです。

外出先にて Wi-fi でパソコンの作業をしようと思ったら Wi-Fi 環境がなかった…。スマホはある。スマホじゃ文字入力が大変。そんな時に大変便利だと思いました。

ここでは Vysor というアプリを使って有線でスマートフォンの画面をパソコンに映します。

スマートフォン側の準備

スマートフォン側の準備として USB デバッグモードをオンにしなくてはいけません。通常この設定は開発者専用であり、開発者向けオプションを有効にする必要があります。

※機種によって若干画面の表示が異なります。

まずスマートフォンで設定を開きます。

設定の中からデバイス情報をタップします。

デバイス情報の中にある「ビルド番号」の部分を連続で7回タップします。すると開発者向けオプションが有効になります。

※機種によってはビルド番号はシステムの中にあるかもしれません。探してみてください。

設定のトップへ戻りシステムをタップします。

すると通常モードにはない「開発者向けオプション」という項目があるのでこれをタップします。

開発者向けオプションの中にある USB デバッグのスイッチをオンにします。(ツマミが右側でオン)

これでスマートフォン側の準備は終了です。

パソコン側の準備

パソコン側では事前に Vysor というアプリをダウンロードしてインストールしておく必要があります。

Vysor

■Vysor
操作が簡単で USB ケーブルで有線接続もできるミラーリングアプリです。有線なので途中で途切れたりする事がなく、ネット環境が無くても使えるのが強み。

公式サイトへアクセスし Download ボタンを押します。

ダウンロードされたインストーラーを起動します。すると10秒程度でインストールが完了します。

インストール後にできる Vysor のショートカットアイコンをダブルクリックしてアプリを起動しましょう。

アプリを起動するとこのような画面が表示されます。全て英語ですが特に何かを触る必要はありません。

この状態でパソコンとスマートフォンを USB ケーブルで接続してください。

接続した端末が画面上部に表示されるので、View ボタンを押します。

スマートフォン側ではこのような確認画面が出ます。許可ボタンを押します。

するとスマートフォンの画面がパソコン画面上に表示されました。表示だけではなく操作する事も可能です。

基本的な操作は以下のとおりです。

  • タップ:クリック
  • スワイプ:マウスのドラッグ

インターネット環境がスマートフォンしかないとき、スマートフォンでは難しいウェブサイトの更新なども簡単にできます。

開発者向けオプションの解除

作業が完了したらスマートフォンの開発者向けオプションは解除しておきましょう。

スマートフォンの設定からシステムをタップします。

システムの中の開発者向けオプションをタップします。

開発者向けオプションのスイッチをオフにします。これで完了です。

目次

スポンサーリンク




関連トピックス



-マルチメディア

Copyright© Win10ラボ , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.