Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

メール  

Windows10のメールアプリで画像の自動表示をしない方法

更新日:

パソコンやスマートフォンでもeメールはよく利用されると思いますが、メールの中にはテキストだけのメールと画像等が表示されるメールの2種類を見たことがあるのではないでしょうか?前者はテキストメール、後者は HTML メールといいます。HTML メールはテキストメールとは違い、文字に色をつけたり画像をメール本文中に入れてメールを送る事ができます。

スパムメール、いわゆる迷惑メールが毎日届きお悩みの方も多いかと思います。この HTML メールはスパムメールに悪用され画像を表示しただけで送信者にこのメールアドレスは有効で使われているものだと教えてしまう場合もあります。その結果有効なメールアドレスは更にばら撒かれ迷惑メールは増加の一途を辿る悪循環に陥ります。

メールの画像を自動表示をブロック

メールの画像を自動表示しない事でこれを防ぐ事ができます。Windows10 のメールアプリで画像を自動表示しない設定をしてみましょう。

autopreview

まずはメールアプリを開いて、画面左下の歯車マークをクリックして設定を開きましょう。

autopreview2

設定が開くので、オプションを選択しましょう。

外部コンテンツ

下へスクロールしていくと外部コンテンツという項目があります。「外部の画像やスタイルの書式を自動的にダウンロードします。」をオフにします。

autopreview4

するとメール中の画像は上図のようなマークとなり自動で表示されなくなります。信頼できる相手からのメールで画像を表示したい場合は、上図のマークをクリックする事で画像をダウンロードする事ができます。

目次

スポンサーリンク

336

336

関連トピックス

関連トピックス






-メール

Copyright© Win10ラボ | Windows10の使い方と情報サイト , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.