Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

Internet Explorer  

Windows10のInternet Explorer11の検索窓で標準でGoogleを使う方法

スポンサーリンク

投稿日:

Windows10 で使える Internet Explorer11 に画面右上に検索窓があります。ここに調べたいことを入力すれば、すぐに調べることができます。

しかし Internet Explorer11 はマイクロソフト製なので標準では Bing で検索されるようになります。Bing でも使えなくはないですが Google の方が良い人もいるでしょう。

Internet Explorer11 の検索窓で Google を使用することもできます。

Google検索を採用する方法

Internet Explorer11 の画面右上には検索窓があります。検索窓の「▼」をクリックすると、検索プロバイダーの追加ボタンが表示されます。このボタンを押しましょう。

Internet Explorer のアドオンのページが開きます。ここで Google ウェブ検索を探して「Internet Explorer に追加」のリンクをクリックします。

「この検索プロバイダーを追加しますか?」という確認が表示されるので、追加ボタンを押します。

これで Google 検索は Internet Explorer11 に追加されたわけですが、これだけでは標準で Google 検索を行う事ができません。Bing よりも優先して使う設定をしなくてはいけません。

画面右上より歯車ボタンを押してメニューを開き、アドオンの管理を選択します。

画面左側のアドオンの種類から検索プロバイダーを選択します。Google が追加されている事が確認できますが、状態は既定ではありません。

検索プロバイダーの Google をマウスで選択して、画面右下の「既定に設定」ボタンを押します。最後に閉じるボタンを押しましょう。

これで、Internet Explorer11 を次回起動した時から Bing ではなく Google で検索ができるようになります。

目次

スポンサーリンク

336

336




関連トピックス



-Internet Explorer

Copyright© Win10ラボ | Windows10の使い方と情報サイト , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.