Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

バックアップ・復元  

Windows10で付箋(Sticky Notes)のデータをバックアップし移行する方法【Windows7からの移行】

スポンサーリンク

投稿日:

パソコンのデスクトップ上にで紙の付箋のようにメモ書きができる「Sticky Notes」は愛用者も多いと思います。

Windows7 から Windows10 へのアップグレードの際、付箋のデータが消えてしまうというようなトラブルが発生する事があります。

万が一のトラブルに備えて付箋のデータをバックアップ、また新しいパソコンへ付箋のデータを移行する方法について解説します。

※Sticky Notes バージョン3.6以上、かつマイクロソフトアカウントで Windows10 にサインインしている場合、付箋データはクラウド同期されるのでわざわざバックアップする必要はありません。

付箋データのバックアップ

Windows10の場合

付箋データは以下の場所に格納されています。

C:¥Users¥[ユーザー名]¥AppData¥Local¥Packages¥Microsoft.MicrosoftStickyNotes_8wekyb3d8bbwe¥LocalState

隠しファイルなので、上図のように隠しファイルのチェックボックスをオンにしてください。

※隠しファイルは間違えて削除しないように注意してください。Windows の起動に支障が出る場合があります。

  • plum.sqlite
  • plum.sqlite-shm
  • plum.sqlite-wal

この3つのファイルが付箋データです。これらのファイルを USB メモリなどにコピーしてください。

Windows7の場合

付箋データは以下の場所に格納されています。

C:¥Users¥[ユーザー名]¥AppData¥Roaming¥Microsoft¥Sticky Notes¥

隠しファイルなのでフォルダーオプションより隠しファイルを表示してください。

※隠しファイルは間違えて削除しないように注意してください。Windows の起動に支障が出る場合があります。

このフォルダー内にある「StickyNotes.snt」が付箋データです。このファイルを USB メモリなどにコピーしてください。

付箋データの移行

Windows10からWindows10

移行先のパソコンで次のフォルダーを開きます。

C:¥Users¥[ユーザー名]¥AppData¥Local¥Packages¥Microsoft.MicrosoftStickyNotes_8wekyb3d8bbwe¥LocalState

移行元のパソコンでコピーした付箋データの3つのファイルを上書きします。

※移行先パソコンに付箋の書き込みがある場合、上書きすると全て消えてしまいます。

Windows7からWindows10

移行先のパソコンで次のフォルダーを開きます。

C:¥Users¥[ユーザー名]¥AppData¥Local¥Packages¥Microsoft.MicrosoftStickyNotes_8wekyb3d8bbwe¥LocalState¥Legacy

Legacy フォルダーがない場合は自分で作ります。

先程コピーした「StickyNotes.snt」を「ThresholdNotes.snt」に名前を変え、Legacy フォルダーへコピーします。

Sticky Notes を起動し、初回はマイクロソフトアカウントにサインインしないで起動します。

付箋データが移行できている筈です。

できない場合は、移行元パソコンから付箋のデータをテキストファイルにコピーして移行するという原始的な方法に頼るしかありません。

目次

スポンサーリンク




関連トピックス



-バックアップ・復元

Copyright© Win10ラボ | Windows10の使い方と情報サイト , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.