Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

Edge  

Edgeで因数分解など数学の問題を解く「数式ソルバー」の使い方

スポンサーリンク

投稿日:

Edge で数学の問題を解く事ができる「数式ソルバー」の使い方を解説します。

数学の問題でも足し算などの四則計算くらいだったら、電卓でも計算できます。でも因数分解や順列・組み合わせというような複雑な問題は電卓で解くのは困難です。

Edge の数式ソルバーはこのような複雑な数学の問題までも解くことができます。

数式ソルバーの使い方

Edge の画面右上の「…」ボタンを押してメニューを開きます。

「その他のツール」から「数式ソルバー」を選択します。

すると Edge の右側に数式ソルバーが表示されます。

問題を解く

数式ソルバーを表示すると、閲覧しているウェブサイトが薄暗くなって選択可能状態になります。

ここで解きたい問題を選択します。すると「解決する」ボタンが表示されるので、このボタンを押します。

このように問題を解くことができます。

しかし答えだけわかっても何故こうなるのかわからない…という事があるでしょう。

「解答の手順の表示」ボタンを押してみてください。

するとどのようにこの問題を解くのか、詳しいことがわかります。

なお、グラフも自動で生成されます。

問題の数式を自分で入力する

問題の数式は自分で入力する事もできます。

Edge で数式ソルバーを表示し、「数学の問題の入力」ボタンを押してください。

非常に高機能な電卓で、様々な数学記号を入力する事ができます。

数式を入力したら、紙飛行機ボタンを押します。

答えが表示されました。

解くことができる問題

数式ソルバーで解くことができる問題は多岐に渡ります。

  • 四則計算
  • 因数分解
  • 多項式の展開
  • 1次方程式
  • 2次方程式
  • べき乗
  • 階乗
  • 順列・組み合わせ
  • 微分積分
  • マトリックス
  • 極限

一例ですので他にもあります。

目次

スポンサーリンク




関連トピックス



-Edge

Copyright© Win10ラボ , 2021 AllRights Reserved Powered by STINGER.