Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

ファイル・フォルダ  

Windows10でXPS(OXPS)ファイルを開く方法「XPSビューアー」

スポンサーリンク

投稿日:

XPS ファイルとは XML Paper Specification の略でマイクロソフト社が開発した電子ファイル形式です。紙に印刷した状態をそのままデータ化して電子的に配布、メールでやり取りする事ができます。

よく似たものに Adobe PDF があります。PDF の方が目にする機会が多いのではないのでしょうか。XPS は PDF への対抗としてマイクロソフト社が開発したものですが、シェア的には PDF に圧倒的に負けています。

以前は Windows10 では標準で XPS ファイルが見られるのですが Windows10 を新規インストールした場合見られなくなってしまいました。見られない時はこの方法で XPS ビューアーを導入してください。

XPSビューアーをインストール

browser1

まず、スタートメニューから設定を開きましょう。

Windows の設定からアプリを開きます。

アプリと機能から「オプション機能」を選択します。

機能の追加ボタンを押します。

リストの中から XPS ビューアーを探してインストールボタンを押します。すぐにインストールが始まり、数分で終わります。

PDF が広く普及している今、XPS は使いたい人だけ使うようにオプション化されてしまったのかもしれません。

目次

スポンサーリンク

336

336




関連トピックス



-ファイル・フォルダ

Copyright© Win10ラボ | Windows10の使い方と情報サイト , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.