Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

タスクバー  

Windows11へのアップグレードの準備が完了しましたを非表示にする方法

スポンサーリンク

投稿日:

Windows10 でタスクバーに表示される「Windows11 へのアップグレードの準備が完了しました。」を非表示にする方法を解説します。

Windows11 へアップグレードできるパソコンの要求スペックは高いですが、そのスペックを満たしているパソコンを使用している場合、このような通知が表示されます。

しかし Windows11 へ焦ってアップグレードする必要はありません。新しいもの好きでもない限り、Windows10 は2025年10月14日までサポートが継続します。

ひとまず Windows10 を使い続けるために通知を非表示にしてみましょう。

Windows11へアップグレードの通知を消す

browser1

まず、スタートメニューから設定を開きましょう。

Windows の設定から更新とセキュリティを開きます。

左メニューの Windows Update より、「今は Windows10 の使用を継続します」を選択します。

すると Windows11 へのアップグレードを保留し Windows10 用のアップデートを検索してダウンロードします。

それに伴い、タスクバーの「Windows11 へのアップグレードの準備が完了しました。」の通知も非表示になります。

Windows11へアップグレードしたい

Windows11 のアップグレードを保留したけれど、そろそろアップグレードしたいという場合は次のようにしてください。

Windows Update の設定ウィンドウで更に下へスクロールすると「✔この PC で Windows11 を実行できます」という表示があります。

ここで「インストールの準備が完了したかどうかを確認する」を選択します。

Windows Update の設定で一番上に戻ると、「Windows11 へのアップグレードの準備ができました」の表示が復活します。

ダウンロードしてインストールボタンを押すと、Windows11 へのアップグレードが始まります。

目次

スポンサーリンク




関連トピックス



-タスクバー

Copyright© Win10ラボ , 2022 AllRights Reserved Powered by STINGER.