Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

システム  

Windows10でショートカットエラーが出る原因

スポンサーリンク

投稿日:

Windows10 でショートカットエラーが出る原因と対処法について解説します。

ファイルやアプリを開くためのショートカットをデスクトップやタスクバーに配置する機会は多いと思いますが、いつもどおりショートカットから開こうとするとショートカットエラーが出る事が稀に起こります。

ショートカットエラーが表示される原因

ショートカットエラーが出る原因は以下のような事が考えられます。

  • 大本のファイルを削除した
  • フォルダー名を変更したのでパスが変わった
  • ショートカットのアプリをアンインストールした
  • ドライブレターが変わった
  • 何らかの不具合

大本のファイルを削除した

ショートカットで開くファイルやフォルダーを削除してしまっていると、当然ショートカットは機能しませんのでショートカットエラーが表示されます。

フォルダー名やファイル名を変更した

ショートカットで開くファイルやフォルダーの名前を変更したためにショートカットエラーが表示される場合があります。

ただ、通常はファイル名やフォルダー名を変更しても、自動でショートカットも修正されるので稀なケースと言えるでしょう。

アプリをアンインストールした

アプリのショートカットの場合、そのアプリをアンインストールしたらショートカットは機能しません。

ドライブレターが変わった

ドライブレターとは、D ドライブや E ドライブというようなアルファベットの部分です。

USB メモリを挿した時のドライブなどをショートカットにした場合、タイミングによってドライブレターが変わってしまうのでショートカットエラーが表示されます。

何らかの不具合

アプリやシステムの不具合でショートカットエラーが表示される場合があります。

対処方法

大本のファイルを削除した

大本のファイルをごみ箱から元に戻すか、削除ボタンを押してショートカットを削除してください。

フォルダー名やファイル名を変更した

フォルダー名やファイル名をもとに戻すか、ショートカットを修正してください。

ショートカットを右クリックして、メニューの中からプロパティを開きます。

リンク先を正しい場所に修正して OK ボタンを押します。

アプリをアンインストールした

アプリをアンインストールしたのであれば、そのアプリを再インストールして改めてショートカットを作成してください。

アンインストールしてないのにショートカットエラーが出る

アプリをアンインストールしてない場合、システムの不具合の可能性があります。

とりあえず再起動してみてください。再起動しても治らない場合、アプリを再インストールしてください。

ドライブレターが変わった

USB メモリや SD カードのドライブをショートカットに登録すると、タイミングによってドライブレターが変わってしまうのでショートカットにするのは適しません。

PC のショートカットを作る方が良いでしょう。

目次

スポンサーリンク




関連トピックス



-システム

Copyright© Win10ラボ , 2022 AllRights Reserved Powered by STINGER.