Windows10の使い方やカスタマイズなどの情報サイトです。

文字入力  

Windows10で文字入力時に予測変換を無効にして表示しない方法

更新日:

予測変換

パソコンでの文字入力は昔とは違ってどんどん賢くなって、文字入力のスムーズさが向上しました。かつてはちょっと変わった漢字だと変換できずに一文字ずつ変換していたものです。しかし現在では次に入力されるであろう文字を予測、その人の癖までも学習し予測変換としてリストで表示する機能までもが備わっています。上の画像のようなものですね。

この予測変換で文字入力のスムーズさは向上したのは確かですが、全ての人にとって便利というわけではないようです。例えば文字入力のミスを多発する人の場合、間違った入力を覚えられてしまい予測変換に入ってしまうという迷惑な事になる場合もあり邪魔だと思う人も少なくない模様です。

実はこの予測変換は無効にすることができます。Windows10 には複数の日本語入力機能があるのでそれぞれ紹介します。

IMEの場合

IME とはインプットメソッドエディタの略で文字入力機能の事です。

Microsoft の IME を使っている場合、画面右下のタスクバーに「J」というアイコンが付いています。

「J」アイコンの左にある「あ」か「A」のマークを右クリックして、メニューの中から「プロパティ」を選択します。

IME の設定が開いたら詳細設定ボタンを押します。

画面上部の「予測入力」タブを開き、「予測入力を使用する」のチェックマークをオフにしてください。そして、OK ボタンを押します。これで予測変換は表示しないように設定されました。

Google日本語入力の場合

日本語入力の賢さが話題となり、多くの利用者を獲得したのが「Google 日本語入力」です。これを使っている場合は、画面右下のタスクバーに青い丸のアイコンが表示されています。

青い丸のアイコンの左にある「あ」か「A」のマークを右クリックしてメニューの中から「プロパティ」を開きます。

プロパティを開いたら画面上部の「サジェスト」タブを開き、サジェストの種類のチェックマークを全てオフにしてください。これで Google 日本語入力での予測変換(サジェスト)は表示されなくなります。

目次

スポンサーリンク

336

336

関連トピックス

関連トピックス






-文字入力

Copyright© Win10ラボ | Windows10の使い方と情報サイト , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.